読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病、知ったかぶり

私のうつ闘病記:誰でも知ってる病気だけど、私自身を含め「ちゃんと分かっている人」はとても少なかった。だから、少しでも伝えてみるよ。

「自分を客観的にみる」という訓練は大きな間違い!

 脳機能の基本特性に 「見たもののほうに進んでしまう 」ということがあるらしい!

 

何となくわかってたけど、

科学的にって言われると、「やっぱり!」って感じですよね。

 

そして、重要なことは、

「脳は現実の場面であっても 、想像の場面であっても 、基本的な特性は変わらない!」

 

つまり 、現実世界で見たもののほうに進んでしまうのであれば 、「情報空間でも同じ現象が起きる」らしい! 

 

 

人間の脳は、現実世界と情報世界(空想とか妄想とかも含め)をバランスよく処理することで、健康を保っています。

 

 

現実からのインプットが多すぎてもだめだし、脳内からのアウトプットが少なくてもだめ。多すぎず、少なすぎずが大切です。

 

心にモヤモヤするものが出てきたら、それはどちらかのバランスが崩れているせいです。

モヤモヤの状態が長く続きすぎると、脳が壊れます。

そして、障害として現れるんです。恐ろしい。

 

 

さらに、このバランスの恐ろしいところは、

 

感情とか考え方が、現実世界に影響を及ぼすという事です。

現実世界と脳内の情報世界は、自分の体を通じてつながっています。

 

なので、マイナスのことばかり考えたり、現実のことばかりに偏っていると、

それを身体が実行してしまうことがある。ということです。

 

脳は身体の司令塔なので、ずっと考えていたことが身体に司令として、影響を及ぼすことがあるんです。

 

なので、良いことばかり考えている人には良いことが起こり、

ネガティブなことを考えている人には、ネガティブなことが起こる、

おまじないみたいですが、脳がそうさせています。

 

これは、良いことを考えていると良いことに目がいき、

ネガィブなことを考えていると、ネガィブなことに目がいくという程度のものかもしれません。

 

 

でも、これが習慣化していくと、そのまま自分の未来にも影響してしまうんです。

 

何か悪いことが起こると心配する人は、心配していたことが起こってしまう。

 

そんな、心配をしていない人でも、

変わらない自分をイメージしている人は多いです。

 

変わらないというのは、安全なようにも思えますが、

時代や世界は変わるので、適応できない人は落ちていきます。

変わらないというだけで、落ちていくことがあるんです。

 

 

 

他にも、学校とか会社では、客観的に物事を見なさいと指導されたり、

本などにも書いてあったり、

 

「客観的に考えることは大切!」みたいな雰囲気ってありますよね。

 

でも、凡人が客観的に自分をみると、、

本当に客観的に見れていれば、、

 

自分というのは、そんな大した存在ではなくなってしまう。

 

客観的になればなるほど、自分の存在意義なんて無く、変わりの人間は沢山いる。

客観的になればなるほど、世間の中で自分がどのレベルにいるかわかる。

 

たとえ、自分はいい暮らしをしていると思っていても、上には上がいますし、、

 

統計的に世界に2〜5%ほど存在する天才とか、そういう人は別ですよ。

 

 

大抵の凡人にとって、客観的にみることは、

思考ややる気が、悪い部分に吸い寄せられてしまうことにもなりかねない。

 

そして、妙なイジけたようなこだわりを作ってしまう。

「どうせ〜」とか「結局〜」とか、、

 

たくさんの自分の代わりになる人が世界にいるのに、

そんな世間の基準に合わせて、客観的に自分を見たら、自分の存在は確実にカスです!

自分の存在がカスになっていない人は、客観性はそれほど強くないので、ご安心を。

 

いろんな視点を持つことは人として大切だけど、その中心は自分であることはとても大事なんです。

 

(もちろん自分のことを好きでいてくれる人は、周りにいると思いますが、)

自分を最優先に愛せる人は、結局のところ自分しかいません。

 

なので、自分の基準で、自分を大切にすることが、

バカでも幸せに生きる方法なんじゃないかなと、

自分に言い聞かせてみる今日この頃です。

 

凡人は凡人らしく、楽しく生きようということですね。

 

自分を幸せにするには、

 

今日自分ができそうな最大の幸せは何か考えてみること。 

数ヶ月先の変化して、少しだけ幸せになった自分を想像してみることが大事。

 

 

今までは、この手の話、くだらないと思っていたけれど、

今になってようやく

子供の頃はちゃんとできていた、幸せについて考える事を思い出せた気がします。

 

 

感情を抑制するとIQが下がるらしい!”悩みに思わない自分 ”を作る方法。

感情を抑える行為は 、 I Qを下げてしまうらしいんです。

悩んでいるとき

落ち込んでいるとき

怒っているのを我慢しているとき

 

例えば、失敗したときの部下は I Qが下がっていて、

叱責しようが 、理屈を教えようが 、理解しにくい状態になっているらしいです。

 

そんなときは何も言わない方が良いらしいのですが、

個人的に自分がミスしたときは、すぐに言って欲しいかなと思ってしまいます。

 

感情的に怒鳴るとかは、感情をコントロールできてなさすぎでレベル低すぎるので、論外ですが、、

 

 

犬のしつけと一緒で、

すぐに言われないと、何に関して注意されたのか、わからないこと。

「今さら、それを言うんか!」という心の声。笑

もうそうなったら、上司の言葉なんか、あえてのシャットアウトです。

 

 

逆に、部下に対して思ったことをその場で処理しないことで、上司がIQを下げますよね。

抑制されてますから。

 

 

なので、お互いのために簡単な指摘は直後に端的に!

 

説明が長くなりそうなことは、時間に余裕のあるときに。

 

 

この判断ができるかできないかで、職場のギスギス感はだいぶ改善されると思います。

 

 

 

冷静な判断をしたいとき、でも感情的になってしまっている時は、

皿を割るとか、思いっきり感情的なことをしてみると、良いらしいと本で読んだんですが、、

 

皿割れないですよね。

 

なんかいろいろ迷惑だし。後始末とか、買い直すの面倒だし。

でも、本当に困っている時は、試してみる価値あるかも!

 

 

人間の脳はもともと 、一緒にいる人と同調する機能を持っているので、

周りの人間の感情に左右されてしまう生き物です。

 

 

 

例えば、あくびが映るとかですね。

ちなみにあくびが映らない人は、社会病質者的な要素があるらしいです。

 

なので、

感情を抑えてマイナスオーラ満開の人がいると 、事態は悪化する一方。

特に、後輩ができた先輩や、グループをまとめるなど、上に立つ人は、プラス思考を意識しているだけで、

 チームの雰囲気は良くなるかもしれませんね。

 

なぜって、単純にネガティブな上司に話しかけにくいですから、自然と意思疎通が難しくなって、うまく回らなくなる。

 

 

冷静ささえ持っていれば、

人生に必ず起こる、

落ち込むとか、悩むとか、怒るっていうシチュエーションに対して、

「落ち込むのは無意味 。むしろ、マイナスのことを引き寄せる」

 

ってことを、頭の片隅に置いておくと、

これからの人生に立ち向かいやすくなると思います。

 

 

そんな冷静が一周回って、IQ下がりまくるのがうつ病でもあるので、

自分でコントロールできないものができたら、心療内科行ってみるのもありかもですね。

 

 

 

早めに気づこう!うつ病のサイン。きっかけがない事も!

うつ病は初期に受診して、対処した方が回復も早いので、

うつ病のサインをまとめます。

 

1.体のサイン

  • 寝つきが悪い
  • ぐっすり眠れない
  • よく目が覚める
  • 疲労
  • 倦怠感
  • 食欲低下
  • 頭痛
  • 肩のこり
  • 背中の痛み
  • 喉の渇き
  • 便秘、下痢
  • 体重減少
  • 体の痛みや痺れ

 

誰でも1日頑張れば、倦怠感が出てくるのは普通ですが、

朝から1日中倦怠感があるとか、十分な睡眠をとっても改善しないのは要注意!

 

私の場合、眠れなくなったのが大きいです。

睡眠がとれなくなったせいで、脳細胞を修理する時間がとれなくなったんだと思います。

夜中の3時まで眠れないとか、

布団に入って1〜2時間経っても眠れないのは、要注意です。

早めに睡眠薬をもらうなど対処した方が、発症を防げると思います。

 

 

2.心のサイン

  • 何をしても楽しくない
  • 興味がわかない
  • 虚しい
  • 食欲がない
  • 悪い方ばかり考えが及ぶ
  • イライラ感がつのる

 これも、誰でも起こることですが、、

「今までできていたのにできなくなった」というのがポイントです。

 

今まで、いっぱい食べてたのに食欲がない。

今まで、カラオケがストレス発散で大好きだったのに、今は行きたくない。

今まで、イライラしなかった、些細なことが気になってイライラする。

 

などなど。

 

  

 3.出来事 

  • 親しい人との死別
  • 病気
  • 明るい転機
  • 昇進
  • 結婚
  • 子供の独立

 

良い出来事でも、大きなストレスがかかるとうつ病になることがあります。

 

ただ厄介なのは、何の前ぶれもなく、きっかけもなく発症することがあるということです。

 

心配のしすぎはストレスになるので、

物事を必要以上に不安に思わないようにしましょう!

 

 

 

 

 

慢性疲労症候群とうつ病の違い。

慢性疲労症候群CFS)は、

別名ME(筋痛性脳脊髄炎)とも呼ばれ、

健康な人が突然全身の倦怠(けんたい)感に襲われて、

強い疲労感や頭痛、抑うつなどが長期間続く原因不明の病気。有効な治療法はなく、難病指定もされていません。

 

慢性疲労症候群が続くことによって、うつになってしまうことも。

 

何の病気なのか、症状を抱えた本人が一番分からないと思うので、

間違えられやすいウツと比べてみます。

 

 

 

原因

<うつ>

はっきりしない。

きっかけがなくても、発症することがある。

 

<慢性疲労症候群>

発熱、リンパの腫れなど、風邪のような症状から発症する場合が多い。

 

発症年齢

<うつ>

歳をとるとともに頻度が高くなり、65歳でピークを迎える。

 

<慢性疲労症候群>

25〜34歳がピーク、ついで15〜24歳、35〜44歳が多く、他の年齢にはあまり発症しない。

 

症状

<うつ>

何もする気が起きない。プラスの感情を感じられない。

 

<慢性疲労症候群>

辛い症状の中でも、喜びを感じることができる。

 

日内変動

<うつ>

朝が辛く、夕方楽になる。

 

<慢性疲労症候群>

朝は大丈夫だが、夕方辛くなる。

 

睡眠障害

<うつ>

レム睡眠中に異常が見られる。不眠80%、過眠20%

 

<慢性疲労症候群>

ノンレム睡眠中に異常があり、副交感神経の働きが2/3程度になっている。

 

人間関係

<うつ>

他人に会いたくない。医師にも会いたくない。

 

<慢性疲労症候群>

誰かに理解されたいため、医師を転々とする。

 

意欲

<うつ>

全てのことに興味をなくす。欲求の低下。思考の停止。

 

<慢性疲労症候群>

現状をなんとかしたいという意欲がある。

 

治療方法

<うつ>

適合する抗うつ薬が見つかると、効果が出る。神経伝達物質を再取り込み抑制するフタは人によって違うので、個人差あり。

 

<慢性疲労症候群>

明確な治療法はなし。対症療法で効果が出る場合はある。

 

内分泌異常

 <うつ>

コルチゾール(抗ストレスホルモン)増加。

コルチゾールは多すぎると、脳の神経を破壊する可能性がある。

 

<慢性疲労症候群>

コルチゾール減少。

 

運動

<うつ>

気分が改善することが多い。

 

<慢性疲労症候群>

疲労が増す。

 

易疲労性

<うつ>

ATMT(画面上の数字を探す検査)では、初めから反応が遅い。

 

<慢性疲労症候群>

ATMTでは、徐々に反応が鈍くなる。。

 

 

脳のブドウ糖利用

<うつ>

前頭前野で低下、脳幹部は正常

 

<慢性疲労症候群>

前頭前野、脳幹部、共に低下。

 

圧痛点

<うつ>

圧痛点は見られない。

 

<慢性疲労症候群>

線維筋痛症に特異的な、18の圧痛点が見られる。

 

 

 

セロトニンが低下する場所 

<うつ>

セロトニンを回収するたんぱく質が多い。

 

<慢性疲労症候群>

セロトニン神経系の脱離や低下がある。

 

結果、どちらもセロトニンが減少する。

 

 

 

 

 

 どちらの症状も当てはまる人もいるし、部分的に当てはまるっていう人もいると思います。私もそうでした。

似ているけれど、違った傾向がある病気。

間違った診断をされてしまうと、治療方針があさっての方向にいってしまうかもしれないので、

病院を受診する前に自己診断したいときに、参考にしてみてください。 

 

 

 

 

 

 

試行錯誤の数が大事!心を綺麗に整頓するまでのステップ③

失敗したことがあったとして、それきり「私はどうせ失敗するから2度としない」と思ってしまう人と、

「失敗したけれど、何回かやったら失敗しなくなるかも」と思う人では、

後者の方が、成功の可能性があります。

それに、後者の方がカッコイイです。

 

 

こうやって、文章にすると、当たり前の違いですが、

実際には、逃げ回る人がほとんど。

 

失敗したところから、何かをやり直すにはエネルギーがいるので、

失敗から逃げた方が楽なんです。

 

大人になると、失敗したことに対して挑戦する機会がずっと減ります。

 

子供の頃は、できないことばかりだったので、

それを練習することが楽しみだったりしました。

 

自転車、逆上がり、跳び箱、縄跳び、一輪車、、

初めから完璧にできる子供は存在しません。

でも、ほとんどの子は練習して、ある程度のレベルには到達します。

 

大人になると、練習する時間がないとか、今の自分には必要ないとか、

色々と嘘の理由をつけて、練習しません。

練習の仕方を忘れているのが、最大の理由かもしれません。

 

 

どんなに簡単に成功したように見える人でも、たくさんの失敗と試行錯誤をしています。

それが、積み重なって、最終的に成功するしかない道がみえてくるんです。

そして、成功してしまえば、それまでの失敗は武勇伝になるか、ほんの小さな些細なことになるか、どちらかです。

 

どんな失敗に時間を費やすかが、人生を充実したものにするかの糸口なんだと思います。

 

私は、たくさんの回り道や失敗を繰り返してきました。

でも、ここで諦めたら負けたまま。

 

悪戦苦闘しつづけても、戦うことをやめるなら死んだ方がマシ!

 

戦闘態勢を取り戻してきたのは、回復の兆しかもしれないな。

 

 

 

 

 

 

愚か者は経験から学ぶしかない!心を綺麗に整頓するまでの自己流ステップ②

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」オットー・フォン・ビスマルク(ドイツ)

この言葉、結構好きだったけど、

 

最近思うのは、今まであったことをいちいち考えて行動できなくなるくらいなら、

経験するために生きるの方が、幸せかなと思う。

 

やはり、歴史から学ぶことは、学ぶべき。

それ相応の立場にある人にとっては重要。

一定の教養は必要だと思う。

でも、そこからは、経験してみないと分からないことばかり。

 

一個人が生きるためには、知らないことが多い方が幸せだったりします。

 

それに、現代は情報だけはいくらでも手に入ります。

でも、実際に経験してる人は意外と少ない。

実際にやってもいないのに、ゴチャゴチャ言う人って、かなりカッコ悪いですよね(笑)

 

 

 

何かする前に考えこむより、思いついたことはやってみる!

 

  

それに、小さいことだけど、人間関係でこじれる場合って、だいたいが誤解から発生してると思うんです。

 

頭の中で、どうのこうのと考え始めてしまったら、

1度ストップして、相手に聞いてみる!

質問してみる!

 

結構、考えなくてもいいことで悩んでしまうタチなので、

勇気をもって、行動!

勇気をもって、質問!

ですね。

 

 

何か、うまくいかないことがある時は、いっぱい動いていると、

運が廻ってくるらしい!

逆に、じっとしていると、どんどん不幸を溜め込んでしまうらしい!

 

 

相手に失礼にならないように質問しづらいとか、

周りのことを考えて行動しづらいとか、

考えすぎて、できないことが多いけれど、

そういうのがチリも積もって、人は動けなくなってしまうのかもしれない。

 

 

シンプルに目の前のことに飛びついてこそ、人生は楽しくなる気がします。

そして、経験して、いっぱい失敗できるのが、今の時代の贅沢ですね。

 

 

 

 

うつ特有の考え方は、うつ病の症状であって、原因ではないと思う。

どんなにひどい環境にいたとしても、うつになる人とならない人がいます。

 

そこから、うつになる人は、うつ病特有の考え方をしていると思われています。

確かに、考え方に偏りがあって、うつになる人もいるかもしれません。

 

しかし、個人的にはそれは違うと思います。

うつ病になったから、うつ病のような考え方になってしまうということです。

 

私はもともと超楽天家でした。

昔の友人に、当時の私の印象を聞いたことがあったのですが、明るいとか面白いとか、そんな感じです。

勉強も運動もそこそこ上位をとれて、

そのために努力もしていたけれど、人生は楽しいものでした。

 

 

しかし、両親の暴力的な行動、言動によって、ストレスをためてしまい、

PTSDに近い状態になってしまいました。

これが第一段階の脳の異常でした。

 

ストレスで頭が煮え繰り返り、漫画で脳の血管が切れた時に「ぶちっ」という

効果音が付きますが、本当にブチッというかグキッというか、鈍い何かが壊れる音が脳内でするほどの怒りです。

普通に怒っているだけでは、そうはなりません。

極度のストレスと怒りの感情によって、私はあの時、脳を壊してしまったのだなと思います。

 

そして、それまでうまくコントロールできていた、人生が崩れ出す。

それによる、ストレスが第二段階の遅発性の原因です。

 

努力できていたのに、できない。

うまく生きる方法はわかっているのに、できない。

その能力があったのにできない。

 

 

その結果として、うつ病の人は、

 

「自分はダメな人間になってしまった。」

「自分が悪い」

「罪の意識」

 

など、自分を責める思考回路に陥るのです。

 

 

もともと怠惰な人は、罪悪感に苛まれたりしません。

もともとそういう人間なんですから。

 

 

でも、うつ病になってしまった人は、もともとそういう人間だったわけではないので、

違う性質を持ってしまった自分の身体を受け入れることができないのです。

 

 

しかし、もともとがどうであるかは、外からは判断できません。

 

もともと怠惰な人が、自分でダメにした人生に絶望するのと、

頑張ってきた人が、病気になって自分の力が発揮できない苦しみとを、

一緒にして欲しくない。けれど、見分けがつかない。

これが、うつ病にとっての最大の苦しみかもしれません。

 

 

私はうつ病になったから、マイナス思考になるのではなく、

脳内の分泌異常によって、身体や感情のコントロールがうまくできなり、

それによって、症状としてマイナス思考が発生していると思います。

 

 

ベースの考え方は楽天家なのに、

脳のコントロールが効かない状態で、ネガティブな思考回路やこだわりの強い性格になってしまう。

楽天家はネチネチした人が嫌い。なのに、自分がそうなってしまったら、当然自分を嫌いになります。

 

そうやって、うつ病の人は苦しんでいるんです。。