読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病、知ったかぶり

私のうつ闘病記:誰でも知ってる病気だけど、私自身を含め「ちゃんと分かっている人」はとても少なかった。だから、少しでも伝えてみるよ。

うつで体調が気分が悪い時の状態

 ここ数日、理由もなく体調が悪いことがあったので、その感覚を記録しておきます。

まず苦痛なのが、腹部不快感微熱です。

なんだかダルい。お腹が痛かったり張ったような状態になって、吐き気がすることもあります。

単純に風邪をひいて体調不良になった時と似ていますが、風邪は数日休めば良くなりますが、休みを取っても辛い状態が続きます。

そして、焦燥感です。

いくら休んでもよくならない。

休んでいた間できなかったことをやらなきゃ!という思いから、どんどん焦燥感が強まって、ストレスになります。

今までやりたかったことや好きなこともできず、辛くなります。

これが、悪循環のスタート。

さらに、ストレスが強まると、謎の息苦しさが起こります。不安に感じることがあるたびに息苦しさが強くなっていきます。

そして、様々な不定愁訴の影響もあり、簡単なことでも、やる気が起きない。体が動かない状態になっていきます。これは、ホルモンの影響も受けていると思われます。

 

このような悪循環から、抜け出せず、どうして良いのかわからないのが、この病気の辛いところです。

考え方の柔軟性がない状態と言われることがありますが、当人からすると改善したくても体が動かず選択肢がない状態です。

うつ病の状態が続くと、楽しみも悲しみもあらゆる感情が失われ、何をするのにも意味が見いだせなくなります。感情のエネルギーが欠如している状態です。

そうなってくると、「辛い」「悲しい」という感情すらなくなります。

悲しくて泣くことができると、自分は回復してきていると感じることすらあります。

抗うつ気分とはマイナスの感情のようにとらわれやすいのですが、マイナスの感情すら感じない、廃人のような自分に絶望している状態です。

何かをするのにはプラスでありマイナスであり、何らかの感情のエネルギーが必要です。

そこから抜け出したいけれど、抜け出せない状態が長期間続くと疲れてしまい、

自殺するしか抜け出す方法がない。

今の辛い状態が続くよりは、死んで終わらせたい。と思うようになるのです。

 

周りからは辛く見えないことも・・・。

うつ病の患者さんには周囲への気配りがあり、心配をかけまいとして、辛い姿を見せないので、周りの人には元気そうに見えてしまうことがあるそうです。

私もしんどい日でも他の人より休んでいるのだから、相手を労わなければと思ってしまいます。

今は家族と生活していますが、家族がいない方が楽だと思うことはしばしばです。

実際は家族に助けられていることも多いので、感謝しなければいけないのですが、気を使ったり役に立たない自分を自覚させられるのは意外とダメージが大きいのです。

 

 こういう日は、自分が回復してきていない気がして、凹みますね、、

振り子のように、良くなったり、悪くなったりを繰り返す病気。

今は悪い方に傾いている時と、自分を言い聞かせるしかありません。。

 

 

子供のうつ病

以前までは子供にはうつ病はないと言われていました。

私自身もその世代で、

抗生物質や抗炎症薬、痛み止めなど、ずいぶん必要のない薬を出されました。

医師は患者の不定愁訴に対して、とりあえず薬を出して様子を見ようという人ばかりです。

薬の効果が出るか出ないかによって、最終的な診断がされるのです。実験台にしないで欲しいものですが、、

やはり自分の身は自分で守るしかないし、

お子さんや家族の安全も知識の有無で変わってきます。

バカな親は自覚していませんが、子供の毒になることを平気でさせてしまう「毒親」とてもたくさん存在しています。

例えば、酒やタバコを子供に与えてはいけないのはどんな親でも知っているので、子供がお酒を飲みたがっても普通の親は止めます。

(まぁ、ちょっとした味見くらいならあると思いますが、たくさん飲ませてしまう親はダメですし、

子供の健康が害されることをやめさせないこともネグレクトという虐待の一種と判断される場合があります。)

 

お酒などと同様に、砂糖など糖質(菓子パンやジャンクフード、ジュース)の摂取量が多すぎるのも、脳に影響することを知っている親は少ないですよね。

親の知性や行動は子供の心身の成長に影響しやすいのです。

 

糖質も適量であれば問題ないのですが、現代の子供は野菜などの摂取量も減っているので、相対的に糖質の量が多すぎるのです。

お米はもちろん、根菜類や調味料にも糖質はとてもたくさん含まれており、十分摂取量を満たしています。

お菓子や菓子パンなどの甘いものが脳のエネルギーになると思っている人もいますが、必要のないものです。

完全な嗜好品なのです。

(嗜好品=自分の体調を崩す可能性があっても快楽を得るために摂取したいものというもの。)

 

努力しているのに、なかなか成績が上がらないお子さんは食事や間食が脳の働きを悪くしている可能性もあるのです。

自分の身を守るためには、やはりある程度の知識は必要です。

そして、最近キレやすい子供であったり、知性のない子供について話題になりますが、糖質の摂取のしすぎが、

そういった子供の精神不安定やうつ病の一因であるという研究結果もあるそうです。

 

子供の精神状態が不安定であることは、一緒に暮らしている家族なら気づくことができます。

暮らしていて、お互いに不愉快な関係になってしまったり、

学校に行きたくないといったり、

よく体調を壊してしまう場合は、年頃だからと放置せず、食生活を見直してみたり、

将来的に自己管理できるよう栄養の食育をしていくことも大切です。

 

<子供のうつ病の特徴>

小学生頃に起こりやすい変化

・不眠
・食欲低下
・意欲の低下
・腹痛
・頭痛
・くだらないことでキレる

 

中学生頃に起こりやすい変化

小学生で起こるものが悪化して最終的に不登校引きこもりなどに至ることもあります。

 

・やる気が起きず、今までできたことや、普通の子ができることができなくなる。

部活や塾など自由参加のものに行けなくなるなどから始まり、学校に行けなくなるなど。

学校でのいじめが原因の場合、原因がある学校に行けなくなるなど、、

ただ、ちょっとしたいじめや嫌がらせは子供はあります。

そういった、人間関係の中で、人としての良識を学ぶのです。

また、精神状態が安定していると、対処できるケースが多いです。

自身で対処したり、自分の手には負えないと分かれば、親や教師、警察などに助けを求めることができるのです。

 

・問題行動(イライラが強く怒りっぽくなる)

この場合は加害者になってしまうケースです。どんな子も周りの人に反抗的な態度を取りたくなることはあります。

でも、それが度を越えてしまったり、その後に謝ることができない。

または問題行動がエスカレートしてしまうというのは、将来的にその子自身の心の傷になってしまうかもしれません。

加害者として自分をコントロールできなくなってしまうのは、その子にとって可哀想なことですが、

それに対して大人が加害者を排除しようとしたり、やり返すような行動をしてしまうのも問題です。

いくら悪質な加害者のように見えても、子供の問題行動はその環境にある場合が多いのです。

身近な人が助け舟を出してあげられると良いです。

親や身近な人の知性も子供の健康的な成長には欠かせない要素です。

 

 

 

 

うつ病の様々なタイプ

うつ病と診断されるまでにも、

「間違いやすい疾患」や「怠け者扱い」など、長い道のりでしたが、

うつ病には様々なタイプがあります。

 

私は生理の前後で、確実に症状が悪化するので、「月経前不快気分障害PMDD)」もあり、

また、うつ状態が2年以上続いているので、「気分変調症」とも考えられますが、

医師は、うつの人を知能障害とでも思っているのか、

「あなたはPMDDの可能性があるので、生理の前後はホルモンの影響で症状が悪化します」

とか「気分変調症なので、薬で効果を実感するまでに時間がかかります」

という指示をしません。

 

「運動した方が良い」とか「本を書き写せ」とか

それが毎日、問題なくこなる人は病院に行かないですよね、、

原因もそれをする必要性も分からないのに、医師に「本を書き写せ」と言われて、それを毎日できる人はいるのかな。。

 

そういう人は人生に絶望するより、人の言いなりになることに忙しそうです。

 

むしろ、うつ病など精神の崩壊に苦しむ人はIQが高い傾向があるというアメリカの研究結果もあります。

さらに、入院して環境を管理されている方以外は、

患者は自身の生活の中で何かを改善しなければ、悪化するだけです。

どの病気もそうですが、病気の原因は生活に密接しています。

 

そのため自身の病気を「正確に理解」した方が回復が早いのです。

 

それを医師がショートカットして教えてくれれば、患者が苦しむ時間も短く済むと思うのですが、、

 自分の状態を正確に知るため、うつ病の種類は以前にも挙げましたが、見分け方ついて調べました。

 

 うつ病の大まかなタイプ>

うつ病躁状態の有無によって①うつ病性障害と②双極性障害に分けられる。

さらに、症状が現れている期間や強さによって正確な診断名がつく。

1.双極性障害

1)双極Ⅰ型

非定型

強い抗うつ気分と気分の高揚した状態を繰り返すのが特徴。

うつ気分の時は典型的なうつ病と間違われやすい。

2)双極Ⅱ型

非定型

強い抗うつ気分と気分が良い程度の高揚を繰り返す。

病気ではなく、性格と思われることも多い。

 

2.うつ病性障害

1)うつ病

抗うつ気分が強く現れる。いわゆる典型的なうつ病。 

 

2)気分変調症

非定型

抗うつ気分があるが、日常生活はなんとか送れている場合が多い。症状が2年以上、長期にわたって続くのも特徴。

 

3)月経前不快気分障害

 月経前になると強い抗うつ気分が現れる。女性特有のうつ病。月経前に心身に不調が現れるPMSと間違われやすい。

 

 

 

うつ病の再発リスクについて

うつ病は1度治っても再発しやすい病気。

再発までの期間は1年以内に数回ということもあれば、10年後ということもあるらしい。

1年以内に数回っていうのは、本人も周りの人も振り回されてしまうので大変。

症状が消えたように見えても、再び現れる「再燃」もある。

そもそも、うつ病の症状は振り子のように、良くなったり悪くなったりを繰り返す。

「再発」「再燃」「治癒の途中」なのか、判断が難しい。

約3/1の方は症状が2年以上続き慢性化してしまうらしいです。

本当に厄介。どのパターンにしても、症状が悪化するのは本当に怖いことです。

なので、再発のリスクについてまとめました。

 

うつ病の再発リスクの高い人>

・30歳以下での発症

・不安障害を併発している

・発症時の症状が重かった、または長かった

抗うつ薬を服用しても効果が現れにくかった

・治療中や治療後にも不眠や疲労感などの症状があった

・過去に3回以上再発している

・発症から1年未満

・家族にうつ病を発症した人がいる

 

若い人、症状が完全に消えない人は再発しやすい。

当てはまりすぎて、怖い。

 

最近は症状も少しずつ回復してきているけれど、めっちゃ再発のリスクが高いことがわかったので、数年は過信しないで地道に生きよう。。

 

うつ病の回復期は散らかった部屋を片付けるのに似ている。

ブログといえど、もともとマメじゃないから、毎日記事を書くのって意外と大変 笑

でも、リハビリがてら、なるべく毎日更新を目指そう、、

 

今日、部屋を大掃除しました。

普段、動かさないものとかも、ひっくり返したので、大変でした。

わりと掃除機かけたり、ホコリ取り程度はやっていたんですが、

デスクトップのPC裏とか、本棚とか、、、見た目より汚れてる。

 

本もいらないものは捨ててる方だと思っていたけど、(なぜ懇切丁寧にしまってあったのか)

捨てても構わない本も結構ありました。

 

それを整理していると、なんだか自分の頭の中を見ているようで、ちょっとゲンナリ。

 

本棚に並べただけで、片付けた気になっていたのです。

分類しないでも、パッと見キレイ。

でも、量が増えてくると、どこにどの本があるのか分からなくなってくる。

どこに何があるのか分からなくて、見つけられない。

それでもゆっくり探す時間はなくて早く見つけろ!急がなきゃ!とせかされて、

パニックになってしまったのが、うつの状態かなと思います。

 

 

今の時代、情報は溢れているので、取込みすぎてゴチャゴチャになっていた。

でもゴチャゴチャになっていることに気づかない。

脳の中でゴチャゴチャになったものを、1度全部ひっくり返して整理する時間が必要になった時。

それが、病気の診断を受けた時でした。

 

うつ病になって、テレビもPCも観るのが辛い時期がありました。

でも、その前の時期は、異常にネットの情報とかをみて、脳はパンク状態。

だから、身体が危険信号を出して、シャットダウンする時期をつくった。

 ・・・というのが、今になってやっと分かってきました。

 

整理されてきて、やっと整理される前がゴチャゴチャだったと気づいた。

はじめは、片付ける気すら起きない。余裕ができて、やっと部屋でも片付けるかと。

 

まだ、ひどく調子が悪くなることもあるけど、生きていくなら、もがき続けるしかありません。

後回しにできても、結局、片付ける日がくる。

だから、頭の中も実際の部屋も、常にキレイな状態でいられるように、組み立てていこうと思う1日でした。

 

 

あるべき物をあるべき場所へ。

把握できるものだけを身近に^ ^

 

 

 

 

うつ病の定義はブレまくり!未だにメカニズムははっきりしてない。。

私の感覚だと、うつ病は性格や人格の問題というより、脳の機能障害なのですが、

うつ病の定義には、理解できるところもあれば、できないところもあって、、ホントに厄介な病気です。

 

うつ病とは>

憂鬱な気分が毎日つづき、興味や喜びが感じられなくなる精神疾患

抗うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、焦燥、食欲不振や過食、不眠などを特徴とする。

頭痛、倦怠感などの身体症状を伴い、病状が進行すると自分に価値がないと感じたり、罪悪感を持つようになり、自殺を考えることもある。

2013年から厚生労働省は、地域医療の基本方針となる医療計画に盛り込むべき疾患として指定してきた4大疾病(がん、脳卒中心筋梗塞、糖尿病)に新たに精神疾患を加えて、日本の5大疾病とした。

うつ病躁鬱病も含む)は精神疾患の中でも著しく増加している。

 

<原因・発症頻度>

うつ病の原因や発症メカニズムは、まだはっきりと判っていない。

年齢、職業などに関わらず、誰でも罹りうる疾患であり、几帳面で責任感や正義感が強く、他人から信頼される真面目な人がなりやすいともいわれている。

日本では10人に1人の割合で、これまでにうつ病を経験したことがある調査がある。

また、様々な身体疾患を持っている患者は、うつ病の発症率が高い。

例えば、糖尿病患者の約20%が、心筋梗塞患者の15〜30%がうつ病を発症するといわれている。

 

<分類>

DMS−5(アメリカの精神障害の診断・治療ガイドライン)においては、気分障害領域において改訂がなされ、双極性障害および関連障害は抑うつ障害と明確に区分され、気分障害という用語は使われなくなった。

加えて、双極性障害および関連障害は、症状学的、疫学的、遺伝学的に統合失調症スペクトラム障害および他の精神病性障害群と抑うつ障害との中間に位置づけられる見解となった。

(1)抑うつ障害群

  1. 重篤気分調整症
  2. うつ病/大うつ病性障害
  3. 持続性抑うつ障害(気分変調症)
  4. 月経前不快気分障害
  5. 物質・医薬品誘発性抑うつ障害
  6. 他の医学的疾患による抑うつ障害
  7. 他の特定される抑うつ障害
  8. 特定不能の抑うつ障害

 

(2)双極性障害および関連障害群

  1. 双極Ⅰ型障害
  2. 双極Ⅱ型障害
  3. 気分循環性障害
  4. 物質・医薬品誘発性双極性障害および関連障害
  5. 他の医学的疾患による双極性障害および関連障害
  6. 他の特定される双極性障害および関連障害
  7. 特定不能の双極性障害および関連障害

うつ病の症状>

(1)気分の症状

抑うつ気分、悲壮感、不安感、イライラ

(2)行動の症状

興味の喪失、集中力の低下、意欲の低下、焦燥

(3)身体の症状

全身倦怠感、易疲労性、不眠、食欲低下、性欲減退、頭痛、肩こり、口渇、動悸、咽喉頭異常感、胃部不快、頻尿

 

ちなみに、改定前、、

DMS−4

1.双極性障害躁鬱病

・Ⅰ型双極性障害:躁病とうつ病

・Ⅱ型双極性障害:軽い躁症状とうつ症状

・気分循環性障害:軽い躁症状と軽いうつ症状

・特定不能の双極性障害

2.うつ病性障害

・大うつ病性障害:典型的なうつ病。軽度、中等度、重度に分けられる

・気分変調性障害:軽いうつ症状が2年以上続く。(抑うつ神経症

抑うつ関連症候群:小うつ病性障害、反復性短期抑うつ障害、月経前不快気分障害

<診断基準>

  • ほとんど毎日続く抑うつ気分
  • 何をしても楽しいと感じることができず無気力で興味もわかない
  • 食欲が低下している
  • よく眠れない
  • イライラする
  • 疲れやすくだるさがとれない
  • 自分を責めてばかりいる
  • 集中力が低下し、考えることができない
  • 繰り返し死にたいと思う、自殺を口にする

など、、

分類なんて、どうでもいいと思う人もいるかもしれないけれど、当人からすると意外と厄介。精神疾患はとても印象が悪いんですよね。

 

うつ病の回復期に入るまで・・・

私は、こうやってパソコンやスマホの画面を見て、

何かをできる様になるまで、とても時間がかかりました。

 

<診断までの数年間>

様々な体調不良に悩まされる。

内科:頭痛、腹痛、発熱(常に37°後半の熱がある感覚があった)

 

心療内科・精神科:手が震える、呼吸が苦しい。頭がグーっとなる感じ。

 

眼科:まぶたではなく、目球がピクピク痙攣する。その瞬間、視界がブレる。

 

耳鼻科:耳鳴りや、耳の奥が痛くなる感覚

 

そして、様々な検査を受ける

血液検査

脳波検査

目の検査

頭部画像検査など

 

いろんな病院で原因を探し、、

結局、「うつ病」と診断される。

 

<1ヶ月目>

仕事をしながら、服薬し様子をみる。

 服薬は気休め程度にしか、効かず、

むしろ薬の副作用でフラフラ

<2〜3ヶ月目>

退職手続きと引き継ぎ。

症状は全く良くならず、フラフラ。

熱が出たときのような状態。

<4ヶ月>

退職。休養に入るが、全く眠れない。

1日の睡眠時間は3〜6時間

薬がうまく効けば、6〜8時間寝られたが、薬が効かないこともあった。

(ここで、眠れないのが苦しくて、大量に薬飲んでしまう人もいるらしい)

私も倍量程度なら飲みました。

アドレナリンの消し方は分からず、

常にやらなきゃいけないことや、心配事が頭を巡る。

 

 

<6ヶ月>

薬を飲めば、通常通り眠れる様になる。

 

<9ヶ月>

日常的なことをできる様になったり、できなかったり、、

外に出て通常に生活できたり、できなかったり、、

人混みや電車では気分が悪くなるのは変わらず。

体調が良くなる日と悪くなる日を繰り返す。

 

<12ヶ月>

 現在に至る。。

 

 

 

 

ここで、問題なのは、、ある程度、症状が落ち着くまでは薬を飲んだ方が早い、、

 

けれど、ずっと薬に頼る生活から抜け出すことを始める!これ大事!

そして、環境を1度変えることも大事だけど、、

 

結局、同じ能力で仕事に就こうとしたら、

そんな環境なんて変えられない。

だから、自分の心と体を根本的に建て直す必要がある。

それって、とてつもない難題。特に、ウツで頭の回転鈍ってるし、動けないし。

 

だから、再発が多いんだと思う。

 

いつまでもダラダラ休んでていいとは思わないけど、

ウツを繰り返しながら人生を惰性で生きていくなら、死のうかな、、

ってなるんですよ。

 

 

 だから、周りの視線が厳しくても、自分がどうすれば、世間にやられずに稼げるかを考えなきゃですね。