読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病、知ったかぶり

私のうつ闘病記:誰でも知ってる病気だけど、私自身を含め「ちゃんと分かっている人」はとても少なかった。だから、少しでも伝えてみるよ。

病態を伝えるられるようになるのがスタートだったな、、

うつの場合、病態(自分はどんな症状なのか)を正確に伝えるのは至難の技です。

 

今までにかかったことのある病気は、熱を測ったり、血液検査をすれば、一目瞭然で何か異常があることを医師がわかってくれました。

 

しかし、うつ病の場合、なかなか数値で出せる検査を行っている医院は限られてくるし、

紹介状がないと検査してもらえない場合や、治療費が自費になってしまうのです。

 

自分でも、その病気だという確証も持てないなか、高額な検査にわざわざ行う必要があるのかすら、疑問に思えてくる。

 

紹介状をもらいたくても、とにかく説明ができませんでした。

 

 

 

頭が働かないんです。

 

どんな感覚かというと、

 

相手にも伝わるように話さなきゃと思えば思うほど、 

①頭がグーっと締め付けられている感覚になったり、

 

②寝不足でまぶたがどうしても閉じてしまう時のような感覚になってしまうのです。(実際の睡眠時間がとれていてもとれていなくても関係なく)

 

③そして、何かをしようとすると、その場所に世界一苦手なものがある(私の場合はゴキブリ)がいるときのように思考がフリーズしてしまうのです。

もちろん、実際にゴキブリがいると思っているわけではありません。

ゴキブリと一緒に1日同じ部屋で過ごさなきゃいけないような堪え難い感覚なんです。

 

 

今は、こうやって3つの要素を出すことができましたが、

この状態が、一気にきて、ひどい倦怠感があるので、、

 

出せる言葉は『ツラいんです。。』

 

これだけ。

 

 

本当に、ツラい以外に説明できなくなってしまうのです。

 どんな時、どんな風にとか、、ないし。ずっと続いてるんです。

心の中では、「こんなに辛いのに全然伝わらない!」っていうもどかしさしかない。

 

本当にストレスだと、これに加えて息切れ動悸、偏頭痛まではじまり、

 

全ての感覚が襲ってくると、、

 

冷や汗ダクダクで頭真っ白のパニック状態

 

もう死ぬんじゃないかとか、

 

こんな状況になってる自分が惨めでみっともなくて死にたいとか、、

 

思えてくるんです。

 

 

 

『ひどい倦怠感があって。。』くらいは言えたこともあります。

でも、医者の反応は同じで、、「よくわからないけれど、ひとまず薬を飲んでもらって様子をみてもらおう」ってなる。

 

 

ルーティンで行なっている検温や血液検査をして、原因がわからないから、専門の病院を紹介なんてことはなかなかしてくれない。

 

当たり前と言えば当たり前なんですが、、

原因探しを「ちゃんと」してくれる医者はほんの一握り。

 

私は運悪く、出会うことがなく、、

思考停止の中、自力で原因や医師探しをしていたので、治療開始までかなりの時間がかかってしまいました。

 

医師に判断を任せていては、自分の身がもたない。

今すぐ自殺するか、もう一度答えを探すかの2択状態。

 

自分の身を守る知識はホントに必要だし、自分があまりにも無知なことを痛感。

 

そして、そんな毎日が続くと、しだいに、心の中で神様に「そろそろ殺してください。」

とお願いしてみたり(笑)

 

 

正直、病態をメモするなんてこと、今までは必要なかった。

でも、この長期間に及ぶ病気の場合、ずーーっと辛いままなんとかやってきたけど、

初期の症状からもう3年も経ってる!

 

なんてことは、うつ病ではザラです。怖ろしい拷問。。

 

 

なので、自分の体や気持ちが、なんか変かな?って思ったらメモして残しておくことは大事です。

頭が真っ白になっても、メモ見ながらなんとか伝える!そこからがスタートでした。

 

 

自分を振り返って、変化している自分を知るだけでも、心はパワーをもらえます。

 

 

この文章もヒドい文章で、若干、世間の方に申し訳ない気もしていますが、、

 

 

どんなにくだらない話や、ヒドい表現でも、アウトプットしていかないとどんどんモヤモヤが溜まっていく、、

 

誰かに知ってほしいけれど、、身近な人に言いすぎると、相手や相手との関係性を壊してしまいそうだし。

 

 

だから、誰かが見ていてくれるかもしれないけれど、見たくない人は見ないで良い、自由な場所に言葉を残しておこうと思うのかもしれません。

 

だから、うつ病のブログって多いのかな、、

 

 

 

そして、少しずつでも、病態を伝える練習をすることは自分自身を知ることに役立つし、

自分のためだけじゃなく、同じ状態に置かれた誰かの参考になるかもしれない。

 

 

身の丈にあったレベルで、なるべくリアルに記録していくしか、ここから抜け出す方法はないみたい、、

 

  

 

 

 

 

聴力回復の理由

昨日、耳が良くなった気がするという話をしたんですが、その理由を考えてました。

 

在職中にも聴力検査を受けたことがあったんです。

仕事に支障があるレベルで人の言っていることが聞き取れなかったので、、

 

でも、聴力検査って、

イヤホンをつけて静かなところで、ピーって音を鳴らされて、音がしたらボタンを押す。

 っていう、検査しかしたことがなくて。

 

 

「こんな静かな場所なら、そりゃ聞こえるわ!!」

「音は聞こえるけど、何て言ってるのかわからないんだよ!」

 って思っていました。

 

 

そして、気がついたのは、、

聴力が回復したんじゃない!

 

 聴いた音を理解する力とか

 雑音と自分が聞きたい音(上司の言葉とか音楽とか)の区別をつける力

が回復したんだ!ってこと。

 

 つまり、耳の異常じゃなくて、脳の異常だったんです。

 

全ての原因は、脳の機能に行き着くなぁ。

 

脳がちゃんと働いてくれないと、ホント人は何にも認識できないんだと体感しました。

 

 

つまり、うつ病がひどかった時の私は、周りの音全てを同じレベルで聞いていて、聞き分けができなかったんです。

 

 

 

例えるなら、野生のウサギみたいな感じかな。

①野生に生きてて、どこからキツネやワシに狙われてるかわからない。全ての空間に意識を張り巡らしている。

②草むらからするちょっとした音にビックリして、敵なのかどうかさらに耳をすましてみる。

 

①が普段で、②が上司に何か言われた後の私、、という感じ。

 

この表現、伝わるかな、、

 

 

しかも、職場というのは、電話の音、コピー機の音、機械音、誰かの話す声、患者さんの声、上司の声などなど、、

 

いろんな音がありすぎて、それらに優先順位がつけられない。

 

 

同時に音がした時に、どれを優先して処理していくか正確に判断している人たちは本当にすごいです。(正常な社会人なら普通なのだろう、、)

 

 

こーゆうのって、アスペルガーとか入ってるのかな。

こないだ、本屋でアスペルガーの本売ってたから買ってみようかな。。

 

 

今日気づいたけど、聴力が回復してたよ。

うつで仕事を休職し、最近は少しずつ身体を動かしたり、家事をしたり、、

誰でもできることができない状態から、リハビリを開始しています。

 

 

今日は雨ってゆうだけで体調が悪いし、外に出るまでにかなり時間がかかりましたが、、ようやく電車に乗りました。

 

電車は難関でして、、

 

人多すぎ。気持ち悪。

と思いながらも、ヨロヨロと席を確保。

 

気が滅入るばかりなので、

音楽を聴き目を閉じ、『ここは自分の部屋のイス!』と言い聞かせることにしました。

 

そして、久しぶりにスマホで音楽をオンにすると、、音デカ!!

 

音量をみると7

 

 

なんで、音量のポチポチの数を覚えているかというと、、

 

以前、仕事の先輩が

『最近、耳悪くって、音量7まで上げちゃうんだよね〜。』

って、耳悪いアピールしてきたことがありまして。

 

私はどれくらいの音量で聴いてるのか、確認してみたら、、

9!

 

 

え?耳悪くなって7なの?

 

私は9じゃないと、よく聴こえないけど、、

プチショック !

どうりで上司が指示した内容が聞き取れないわけだ。

 

 

私の上司は滑舌が悪い人で、指示されたことを、、

必ず聞き返すってゆう、私も上司もストレスという状態が続いていたんです。

 

 

ちなみに、今日の音量は5

 

4でもいける!が

電車ガタゴトうるさくても、5で何言ってるか分かる!!

 

 

人間の聴力って、短期間でこんなに変化するんですね!

 

なので、今病気で目も見えづらいし、耳も遠くなって、

日常生活が苦しい人もしっかり休めば回復の可能性はある!!

 

希望を持っていきましょう^ ^

 

 

うつ病に似てる病気とその違い

私は医療現場で働いていたのですが、うつ病認知症に似てるなと思うことがあったので、その違いをまとめてみます。

高齢者ですと、見分けがつきませんし、併発していることもあります。

 

 

<うつ病>

発症時期:正確に特定できることが多い

言動:ボケていることを強調し「申し訳ない」と思う

治療:抗うつ薬

回復:自然と回復する

 

高齢者の場合、どちらかわからない場合、抗うつ薬のを使ってみつことが多いようです。

しかし、一見認知症のように見える『仮性認知症』もあります。

仮性認知症うつ病の一種なので抗うつ薬で症状が改善します。 

 

<認知症>

発症時期:曖昧で特定が難しい

言動:ボケていることをごまかそうとして「自分は大変」「損をしている」「いじめられている」ということが多い

治療:アセチルコリンエステラーゼ阻害薬などで進行を遅らせる

回復:回復はしない。進行を遅らせる。

 

しかし、判断は意外と難しいので、ご家族の方の生活のメモやご意見とかがとても参考になりました。

 

 

でも、それで診療室で喧嘩始めちゃう人とかいたから、

 

認知症の疑いがある場合は、患者さんがいじめられているとか阻害されているとか

被害妄想を思わないよう、

 

ゆっくりカウンセリングをしてもらえる医院に行くことをお勧めします。。

 

 

 

 

うつ病の思考パターンをひとまず理解して、、何か解決できるか探してみる。

うつ病は、楽しいことがなくなってしまいます。そして、些細なことにストレスを感じてしまいます。

 

今まで一緒にいて楽しかった友人にイライラしてしまったり、

今まで大好きで何度も聞いていた音楽を聴くと元気だった頃を思い出して焦ってきたり、

 

ちょっとしたお金を使うのにもストレスを感じたり、

 

 

今まで何の疑問もなくやっていた暮らしの些細なことが、嫌なことやくだらないことに思えてくるのです。

 

 

そして、世界は思いのほか面白くないし、

自分も生きるに値しないのに加えて、むしろ生きている事が何かの害になっていると思えてくる。

 

このストレスが、日常のどこからやってくるのか自己分析。

 

 

うつ病の人が陥りやすい思考パターン>

 

全か無か思考:100%完璧にできなければ失敗だと思う。

 

うーん、これは状況や条件にもよりますよね。上司がオッケーするレベルとか、チェックポイントにおける100%くらいは仕事上必要になってきます。

また、自分のアクションに対して、相手が1〜2回の80%を許したり、教育できる人格があるかにもよります。人は環境に振り回されてしまう。

 

 

過剰な一般化:1回の失敗があったら、一生できないと思う。

 

1回の失敗でってことはないけれど、これは物事をどこで諦めるか。どこで人生諦めるかに関係すると思うから、

本当に1回とかで人生決めつけることは浅はかだけど、

何十回も失敗してるのに諦めないで試行錯誤するのはエジソンタイプだなって思うから、ちょっと尊敬するけど、

試行錯誤なしで同じ失敗ばっかりっていうのはおバカですよね。

人生の成功において、諦めず試行錯誤を繰り返すのは必要だって気づいてきた。

だって、諦めることは1番簡単で誰にでもできることだから。その逆ができるかどうかが人生を変えるのかもなぁ。

 

 

 

心のフィルター:嫌なことにしか目がいかなくなる。良い出来事に対して鈍感になる。

 

実際に悪いことしかない。とか、良いことに気づくには、今までの生活の質を低下させる必要がある場合はどうすれば良いんだろう。難しいなぁ。

 

 

 

マイナス化思考

どんな出来事にもマイナスの解釈を与えてしまう。

 

これはいわゆる被害妄想的な感じらしい。相手が海外旅行の話をしてきたら、自分が海外に行けないことをバカにされているとか責めてるとか思うらしい。

でも、言ってきた相手にもよるなぁ。陽気な子が嫌味を言ってきても嫌味に感じないけど、悪意のある子が嫌味を言ってきたら不愉快に感じますよね。

 

 

 

結論の飛躍:一番悪い結論を導いてしまう。

 

メールの返事がこない=私のことが嫌いとなってしまうなど、単に忙しいとか疲れていたかもしれない。

人の感情について最悪の状況について考えても意味はないけれど、

物理的な状況において最悪のケースを考える能力のない人ってちょっと嫌だなぁ。

これもケースバイケースで、考えすぎは禁物ってことですね。

 

 

 

レッテル貼り:自分を否定するレッテルを貼ってしまう。自分は負け組とか嫌われやすいとか。

 

こういう人、意外と多いですよね。周りにもこういう人が1人いるから厄介さはわかります。

頑固に信じているから、褒めても信じないし、ひがんできたりするし。。

ただ、人は誰でもレッテル貼りをしている。けれど、それがマイナスに向かいすぎているのはダメってことですね。

 

 

 

すべき思考:部下のミスは上司が責任を取るべきだ。とか、、

 

社会人は多かれ少なかれ、こういう洗脳を受けていますよね。今思えば無意味な責任感なんですが、他人に責任を押し付ける為に誰かが誰かにしてしまう。社会の押し付け合いから生まれる被害者。

まぁ、責任を取れるほどの、能力と精神力を持っているだけすごいと思うけど。

 

 

 

拡大解釈:例として、料理をまずいと言われて一度も美味しい料理を作れてないと思う。

確かに、いつから自分ができていなかったのか、失敗が続くと、あたかもそれが自分のレベルのように思えてくることはわかります。

良い時を自分としたいけれど、それは120%が出せただけなのか、

失敗する自分が普通なのか、

どこに普段の自分を置けばいいのかわからなくなる。

 

 

過小評価:例として、上司から褒められたのは、ダメな私に気を使ってくれたんだと思う。

これも考えてしまうことはあります。相手が良い人とか優秀な人であればあるほど。

でも、善意をマイナスに捉えるのはやめて、素直に喜んだ方が得ですね。

 

 

 

感情的決めつけ:感情によって物事を判断してしまう。

例としては、

うつ病になって大好きだった事ができなかった。一生それができないだろう。と思う。

これは、私がうつ病になってから、一番よくあります。なぜか体が動かない。熱もないのに好きな事ができない。もしかしたら、ずっとできないかもしれないと思うのです。

高熱が長時間下がらないと、辛すぎて、このまま死んじゃうんじゃないか。と思う事ないでしょうか?

死なないとわかっていても、辛すぎて頭をよぎる。そんな感じです。

 

 

 

個人化:自分に関係のないことまで、自分のせいだと思う。

会社の業績が伸びないのは自分のせいだ。とか、夫が昇進できないのは自分のサポートが足りないせいだ。とか。

この考え方は、ある意味、傲慢ですよね。そんなに自分の影響力はないのですから。

あるとすれば、少々性格の悪い相手(上司とか)が私のせいだと思っていないか不安ということです。

 

 

 

 

一通り、書いてみて、思ったことは、陳腐な理性はほどほどにして、、

 

凡人は動物らしく生きるべきだということです。

 

バカで性格も暗いなんて最悪です。バカはバカらしく明るく能天気に生きるべきですね。

 

 

思考の偏りを捨てて、人生を愛して、あるときは勇敢になって、いろんな環境に飛び込んでいけるようになる!

 

これが、理想!そして、バカバカしいことに笑える人生を!

 

 

今の私には、まだ苦しくて、耳の奥が痛くなってきたけれど、数ヶ月後には素直な言葉で言えるようになろう。。

 

 

 

うつ病のリハビリの方法って?

うつ病の回復期は一気に体調が戻るのではなく、一進一退を繰り返す

ということはわかっていても、体調が良い日の自分を思い出すと、とてももどかしいし、できるはずのことができないと焦ります。休みを取りすぎて焦っているのもあります。

うーん、自分自身に落ち込む理由がありすぎる。。

 

早く、自信を取り戻し、健康的に働きたい。

誤解を受けやすいですが、働きたくないと思っているわけではないのです。

働いている方が、人生の虚無感を感じる時間も減りますし(笑

やりがいのある仕事をするというのは、人生を平穏に過ごすために、とても重要だと思っています。

 

しかし、私は雇われの身なので、上司からのプレッシャーや、同僚の無意味なディスり合い、平凡すぎて変化のない毎日などなど、、

気持ちが滅入る、あらゆる状況に対応できる精神状態になるまで、復職するのが怖いという気持ちもあります。

この矛盾する感情も、病気が一進一退する理由の一つだと思います。

悩ましい病気です。

 

この時期は、いきなり正社員などに戻らず、調子の良い日は疲れない程度の労働をマイペースにするのが良いと本に書いてありましたが、

私が受給している傷病手当金は少々特殊で月に1回でも出勤があると、仕事ができる状態に回復したと判断され、

支給が中止されるのです。ある業種だけの協会健保なので、しょうがないようなのですが、厳しいです。

出勤があれば、その分を支給額から差し引かれるので、支給額は減ります。

保険業者的にもお得なはずなのに、融通が利かないですよね。。

双方が損をするシステムを続けている会社は多いです。

そういったあらゆるバカバカしい仕組みに組み込まれて生きていかなきゃいけないことも、ストレスの一因ですよね(笑

そろそろアルバイトやパートで仕事を始めてみたいけれど、正社員では、また体調を崩すのは自分自身でもわかる。だから、復職しないで、自分で道を探してみるけど、なかなかうまくいかない。

ここからが、この病気から抜け出すためのスタートかもしれません。

 

 

非定型うつ病や気分変調症は休養よりリハビリが大切

慢性的に症状が続くような場合は、仕事を休んで家にいるよりも、体を動かせるようなら、仕事や家事を行いながら治療を継続していく方が良いそうです。

 

私も比較的長期間に入ってきてしまったので、何か日中にできることを探しています。

自分が好きだったこと、今やりたいことをやるのが効果的

とありましたが、やりたいことが見つからなかったり、

やりたいことはお金がかかりすぎてしまったりして、、

 

この数ヶ月、模索していますが、良いところに落ち着けない。

全てにおいて迷走してしまい、脱出できない。

一時期、あれこれ試したくて、いろいろと買ってしまったこともありました。

最近のことですが(笑

それらの途中で諦めた物が部屋に放置されているのを見て、また落ち込む。

少々つまらないですが、できるとわかっていることから、はじめてみるしかないのかもと思う今日でした。

 

 

 

 

 

 

 

うつ病は脳で何かが起きている!

うつ病は今まで科学的に根本的な原因がはっきりしていないため、対症療法です。

さらに、発熱した時のように数値でわからない病気だったので、

10年近く前だったと思いますが嘘をついてうつ病の診断をもらい、保険料を騙し取るという詐欺まで起きていました。

そのため、うつ病のイメージは社会的にとても悪いですよね。

 

現在はしだいに科学的な病気の証明方法が明らかになってきているので、

その方法についてまとめます。

 

①「モノアミン仮説」

感情のコントロールに関わる、神経伝達物質である「セロトニン」「ノルアドレナリン」「ドーパミン」はモノアミンと呼ばれています。

セロトニン:感情の安定、睡眠

ノルアドレナリン:意欲、集中力

ドーパミン:運動、快楽

現在のうつ病の治療は、これらのモノアミンを増やす薬が有効とされています。

 

②「受容体仮説』

神経伝達物質を受ける受容体が原因とする仮説。

 

③「神経細胞仮説」

脳の神経細胞そのものに問題があるとする仮説。

 

④脳の血流量とする仮説

脳の活動するときに、脳に酸素を運ぶ役目を果たしているのがヘモグロビンです。

ヘモグロビンは酸素とくっついたり、離れたり、光を吸収したりするたびに特有の色を示す性質があります。

この性質を利用して、ヘモグロビンの濃度=血流量の変化を計測するの検査として光トポグラフィー検査」があります。

頭の上から微弱な近赤外線を当て、戻ってくる光を検出して計測します。

脳の血流量は、健常、うつ病躁うつ病双極性障害)、統合失調症などで、異なるパターンを示すため、誤診の出ないうつ病の検査として、診断の補助に使われています。

 

ブドウ糖の消費量とする仮説

うつ病患者は脳でのブドウ糖消費量が低下していることからブドウ糖代謝が原因とする説。

 

⑥「BNS仮説」

今、最も注目されている仮説です。

脳には記憶や感情を司る「海馬」と呼ばれる部位があります。

うつ病の患者さんではこの海馬が小さくなっており、詳しく調べると神経細胞が減っていたそうです。

今まで脳細胞は生まれ変わらないとされていましたが、他の細胞と同じように新陳代謝していることがわかったのです。

 

脳の神経細胞は、3つのタンパク質をバランスよく分泌することで、細胞の新陳代謝を行なっています。

うつ病の患者さんでは、細胞の新生に関わる「BDNF」というタンパク質が減っていることがわかりました。

<3つのタンパク質とは>

BDNF:新しい細胞を作る

グルタミン酸:細胞を死なせる

CRH:ストレスに反応する

 

BDNF仮説が有力だとすると、神経細胞仮説が正しかったということになるのでしょうか?

私としてはBDNF仮説は、正しい気がします。

最近、植物性の良質なプロテインを取るように心がけているのですが、

それを取り始めて、このブログを始めるに至っているので、

今までより、意欲であったり、集中力が出るようになってきたのかなと思います。

回復期というのもほぼ自己診断なので、

体調が悪い日が続くと、やはり自分の回復には程遠いのではないかと怖くなります。