読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病、知ったかぶり

私のうつ闘病記:誰でも知ってる病気だけど、私自身を含め「ちゃんと分かっている人」はとても少なかった。だから、少しでも伝えてみるよ。

心の変化は脳の変化

うつ病は科学的に根本的な原因がはっきりしていないため、対症療法です。

熱が出た時にとりあえず解熱剤を飲むと、楽になった気になりますが、

実際に熱の原因がなくなったわけではないのと同じです。

菌が原因の場合は抗菌薬、ウイルスが原因の場合は抗ウイルス薬が処方されますが、

うつ病では、現在本当の意味での抗うつ薬がないんです。

 

うつ病の原因は現在も不明のままだからです。

 

また、西洋医学の精神科では「脳の機能不全」と考えているそうです。

やはり、現在の日本の現状よりは、西洋では論理的な考え方をしています。

 

 日本では、心の病というイメージが根強いですからね、、

 

心の段階であれば、それはカウンセリングで改善する。

カウンセラーと対話して、改善する程度であれば、

それは脳の機能不全に陥っているわけではないとも言えます。

 

 

 

 

脳の神経細胞はおおざっぱに分けると3つに分けられます。

3つのバランスで、心が様々な状態になります。

 

①興奮系

興奮系の神経細胞からは

ノルアドレナリン

ドーパミン

アセチルコリン

グルタミン酸

などが分泌される。

バランスよく分泌されると、気分がよく、適度な緊張感が保てます。

不足すると、元気も覇気も失われ、気分が沈滞します。

 

私の場合は、起き上がりたいのに起き上がれない。

わざとではなく、熱が39度出た時のように、体が動かないのです。

この状態で、もし頑張らなければならないとしたら、泣きたくなりますよね。

これが、毎日つづけば、誰でも気分が萎えます。

気分が落ち込むのは、そういった状態からの副産物のようにも思えます。

 

②抑制系

 GABA、γーアミノ酪酸

などが分泌される。

不足すると、興奮がおさまらず、痙攣を起こすこともある。

 

これについて私の場合は、ベッドでゆっくししているだけなのに、手汗が出たり、

体温が上昇したり、心臓がドキドキしたりします。

緊張する場面ではないに、体が警戒態勢に入ってしまうのです。

これも、結構苦しいです。

まず、なぜこんな状態になってしまうのかコントロールできない状況が怖い。

自分の中の調整機能が狂ってしまっているのを、一番実感する症状です。

 

 

③調整

セロトニン

などが分泌される。

 

セロトニンの働きは特異的で元気を出す一方で、興奮しすぎるとそれを鎮める働きがある。 

 

うつ病セロトニン異常でうつ病になるとされているので、

セロトニンに関連した薬がたくさん存在しますが、

はっきりいって熱が出た時の解熱剤と同じで、根本治療には至りません。

 

だって、脳の中で何かが起こって、その結果セロトニンの分泌が減ってしまったりするわけで、

セロトニンはただの分泌物です。

分泌する、されないの理由があるはず。

 

それなのに、セロトニンをどうこうする薬ばかりなのは、

医学のレベルにがっかりしてしまいます。

 

つまり、ある程度の期間、薬を飲んで、症状を和らげることは大切ですが、

薬漬けから抜け出せなくなる前に、

自分の生きる環境、考え方を整えるのが、うつ病になってしまった人がするべきことかもしれません。

 

 

 

 

過去は潔く捨てる!心を綺麗に整頓するまでのステップ①

先日、お薬がなくなって、禁断症状のような状態になってしまったことを受けて、

やはり、薬じゃなくて、どんな問題にも対処できる整理された綺麗な心を作って行かないと、ここからは脱出できないのだと実感しました。

 

なので、今日からは、心を綺麗に保つ方法を、まとめてみようと思います。

 

過去は生ゴミと同じ。ずっと持ってると腐ってしまう!

使い終わったらすぐに捨てて、未来に向かって今を生きる。

 

 

なんだかんだと過去のことを思い出してモヤモヤしたり、、

楽しい思い出に浸ったかと思えば、今は違うことに凹んだり、、

 

過去は今にまとわりついて、いろんな邪魔をします。

物理学に「時間の矢」という言葉があって、

時間は巻き戻しできないんです。

映画やアニメのように、起きてしまったことが、やり直しできたり、

巻き戻せたりはできないという法則です。

 

なので、良いことの記憶も悪いことの記憶も、現在から未来には無関係なんです。

 

経験や学習は大切ですが、過去の記憶に一喜一憂するのは、バカバカしいことです。

と言いながら、私はこの過去の記憶に振り回されているのですが、、

 

今日からは、過去はすっかり忘れて、昨日のことも忘れていい!

今から次にやることが、良いことになるように、頭の領域を有効活用しよう!

 

 

旅行と旅の違い

旅は一人で、旅行はみんなで行くものだって、たまたまつけたテレビで中尾彬が言ってましたw

 

友人に旅行に行こうと言われて悩むけれど、旅にはプラっと出てしまう理由はコレだったのか。

私も旅行と旅を混同してました。

 

 

私は旅行は苦手です。

自ら行きたい場所じゃなくても、付き合いとか、家族とかと一緒に行かなきゃならないもの。修学旅行、家族旅行、団体旅行。。

なんかパッとしないし、どれも行くだけで疲れる。それが旅行でした。

 

 団体行動だと、予定を決めて行かないと成り立ちにくい。

やはり予定は新しい体験がしたいのに、予定どうりで何の刺激もない。

 

予定を立てている間が一番楽しくて、「来てよかったけれど、なんかこれ知ってた」

ってなることも。

なぜなら、最近のガイドブックの写真はすごく上手に綺麗に撮られているし、

説明も詳細で、実際に見てがっかりっていうことは起こり得るんですよね。

 

結構、相手が楽しんでいるかとかも気にしてしまうので、そういうのも疲れてしまう原因。

 

 

でも、一人旅は本当に大好き!

自分が女性だというのも、旅先では利点です。

20代前半は女の一人旅なんて、寂しそうだし、危ないなぁと思っていたんですが、

ある程度、年齢を重ねてくると、危険な人や場所はある程度避けられる。

女一人だと助けてくれる人が結構おる!

旅先で新しい友達ができると、とても嬉しいです。

 

みんなで遊びに行くと、今までの生活がそのままくっついてくるようで、あまりリフレッシュにはなりませんが、

 

一人で別の土地に行くと、全部忘れてリフレッシュできるので、

「最近、何をしても楽しくなぁ」って方は一人旅はおすすめです。

 

 

そろそろ旅に出たいなぁ、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

睡眠障害が起こる負の悪循環

世間はゴールデンウィークに盛り上がっておりますが、、

 病気が悪化して、地獄のような日々に舞い戻ってきた私です。

悪化の原因は、お薬が飲めないこと。

 

本当にバカなんですが、

 

連休前にお薬をもらい忘れ、、

ストックはほとんどなく、クリニックは大型連休へ突入。

 

 

ここ最近は、薬意味あんのかな、、くらいに思っていたのですが、、

なくなってみると、

 

①眠れない。

②眠れないことによって、体調が悪くなる。

③ダルサ、機嫌の悪さ、怠惰な感情が隠せなくなる。

 

④そんな状況で1日を過ごす。

 

そして、寝る前、、

⑤思い出さなくても良いことを鮮明に思い出しすぎる。

一つ一つの記憶から会話や相手の態度などを勝手に検証してしまう。

それは、ほぼ全て悪い方向へ解釈してしまう。

 

そして、相手に対して申し訳なくなってしまったり、自分を恥じたり、

後悔で泣けてくる。死になくなる。

 

⑥思考回路が停止してくれなくて、眠れない。

仕事をしてなくても眠れないことで、過労状態に似たような感じになってしまう。

 

うつ病の厄介なところは、自分の意思ではこの無限ループをストップできないことなんです。

 

済んだことは、謝るなり、改善するなり、気にしないなり、すればいい。

しかも、無限ループの最中に思い出しているのは、本当に些細なことばかりで、

元気な時には気にしないようなことばかりなんです。

 

無駄作業だということは自分でも気づいているけど、脳が過去を再生するのを止められない感じです。

 

脳の電源が切れず、脳が作業を勝手にしてしまうんです。

 

 

人間は寝ている間に、その日経験したことを脳内で整理しているらしいのですが、

その作業は無意識化で行われなければならないのに、意識下でやっているのではないかな、という気もしています。

 

 

 

 

昨日は本当にボロボロになりすぎて、何かにすがりたい気持ちで、

合わなくて忘れ去られていた薬を見つけて、

ヤケクソで多めに飲んでみたところ、、

 

回復してきました!

 

睡眠がとれたことが大きいです。

 

 

 

一安心、、

 

でも!ちょっと待って!

薬がなくなった途端にこんな状況では、断薬はいつになるんだー!!(泣)

 

最近は、合う薬、合わない薬もわかってきて、

先生と相談しながら、薬の錠が少ないものを選んでいたので、

気分的に大量の薬を飲んでいる感覚ではなかったんですが、、

 

治療開始時から、量が減った訳でもないし、、

 

もはや、飲まないと薬の禁断症状か!ってくらい辛い。。

 

 

薬の効果があることはわかったけれど、

わかりたくなかった。そろそろ卒業したかった。

 

これじゃ薬中みたいですよね、、

 

 

また振り出しに戻った気分でした。こんなに厄介だとは(泣)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナチュラルハイジーン食事療法

ナチュラルハイジーンとは、

1830年代、薬や手術を主流とする西洋医学に対し疑問を抱くアメリカの医師たちによって、学問的に体系づけられた健康理論であり、科学の一分野。

 

Hygiene:

衛生、衛生に保つこと、摂生。健康維持のための科学。健康を保ち、病気を予防するための原則理論。語源はギリシャ神話の健康の女神。

 

 

ナチュラルハイジーンの原則

「健康のために必要な条件を体に与え、体を傷つけるようなものを体に与えないことによって、体の内外環境を清潔に保つ」

「新鮮な空気や水」

「体の生理機能上ふさわしい食事」

「十分な睡眠や休養」

「適度な運動」

「日光」

「ストレスマネジメント」

 

 

 

 

 

 どんな病気にも、この条件が大切ということらしい。

けれど、今の時代、食べ物は農薬や添加物だらけだし、

都会の環境に綺麗な空気や水もない。

仕事が大好きな人たちは、睡眠や運動もしていない。

 

現代社会で、ナチュラルハイジーンを満たすのは難しい。

だから、病気になってしまう人が多いんだなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

教育は高くつくが、無知はもっと高くつく

「教育は高くつくが、無知はもっと高くつく」ベンジャミン・フランクリン

 

とても有名な一節ですが、、今更になって実感。

 

知識がないと自分ことを誰かに委ねるしか無くなってしまう。

 

 例え話は苦手ですが、

例えるなら、旅行とかでしょうか。

現地のことが分からなければ、旅行会社の添乗員にいろんな物事を確保してもらう意味でツアー組んだりしますよね。

 

でも、何回も言ってるとか、

言語がペラペラなら現地で交通費だけで、しかも穴場スポットを見つけたりできるかもしれない。

 

知識や経験がないことに人はお金を払っていきています。

それは、悪いことではない。

 

でも、世の中には悪い人がいる。

お金を払うのに正当なのかどうか、

判断するだけの知識がないと、搾取される側にいるしかないんです。

 

お年寄りが詐欺に騙されちゃうのは、これの良い例かもしれません。

若い頃はバリバリ勉強もして働いて、社会が恐ろしくなくなっていく。

でも、時代が流れても、自分には今までの知識や経験があるから大丈夫だと信じてる。実際、そうだった。

 

けれど、現在進行系で勉強している人にはかなわなかった。ってゆうパターンかなと。

 

 

私も、もう勉強したくないとか、、

新しいものについていけないことが時々あります。

 

 けれど、結局のところ、時代についていかないと、

後で後悔したりツマラナイ思いをするのは自分だと分かっているので、

頑張ってみようかなと心を新しい物に無理矢理でも持っていきます。

そうすると自然とそれが生活の一部になる。

 

 

結果的にですが、私は勉強自体は好きなのかなぁなんて自己満足にも浸れますしね。笑

 

人間の脳は空白を埋めようとする働きがあります。

知識欲を満たすことは、人としての生理的な本能なのかもしれないですね。

 

 

このように、知識がないよりはマシかもしれないけれど、

中途半端な知識は自分を苦しめるだけだったりもします。

 

特に、私は真髄まで知っている!という知識は皆無で中途半端な知識ばかり。。

 

 

この空白を埋められる日が来るのかは疑問だけど、

 

うつ病は、自分の持ってる知識を絶望的に判断している状態とも言えます。

 

知っていることの黒い部分ばかりを考えて病んでしまった感じ、、

 

なので、これからは知識をどれだけ単純に美しく解釈していけるかが大切だなぁと。。

 

それが、出来ないから苦しいのだけれど、

少しでもシンプルにしていこう!と思うのでした。

 

 

 

 

 

ジェームズスキナーの成功の9ステップ

昨日に引き続き、、

うつ病など病気を治すことにも、ジェームズスキナーの成功の9ステップが役立つそうです。

もちろん、これは成功するためのステップなので、病気をしてない人にとっても役立ちます。

 

ステップ1:心を決める(決断する)

ステップ2:成功者のパターンを決める(学習)

ステップ3:無限健康を手に入れる(健康)

ステップ4:自分の健康をコントロールする(感情)

ステップ5:望む結果を明確にする(目的)

ステップ6:時間を管理する(計画)

ステップ7:思い切った行動をとる(行動)

ステップ8:アプローチを改善させる(改善)

ステップ9:他人を自分の夢に参加させる(リーダーシップ)

 

1〜4は人としての土台と言える部分、

5〜8が個人としての成功のサイクルを作る段階、

9〜が人の役に立てたり、感謝される人になっていく段階といった感じです。

 

おそらく、しっかりと成功されている方にとっては基礎中の基礎。

前半は人としての基礎とも言えるプロセスだとは思いますが、

私には全然できていないことでした。

 

今の私にとってとても大事なのは、まず1です。

「自分のうつを治した精神科医の方法』にもありますが、うつ病の人が大事なのは3!

4も

 

1〜4のステップをないがしろにして、9までいきたい!とか5〜7を闇雲にトライして挫折することを繰り返していたような気がします。

 

時間もないし、焦る気持ちが邪魔をして、結果としてできていない。

 

ウサギとカメの話で、カメのようにレースに自分のできることから継続していくことが大切と分かっていても、いつの間にかウサギのように生きていました。

 

ウサギのようにピョンピョン跳び越えてきて、

ゴール前で眠くなってしまった(うつになってしまった)って感じです。

 

ここは、焦る気持ちはグッと抑えて自分ができることから、少しずつトライしていくしか無いんだなと、、

未だに葛藤がありますが、言い聞かせていこう。

 

土台をしっかり作っていけば、いつかは大きな建物も建つ。

けれど、土台が適当だと建てたものはすぐに倒れてしまう。

 

このイメージを大切にしてね!自分!