読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病、知ったかぶり

私のうつ闘病記:誰でも知ってる病気だけど、私自身を含め「ちゃんと分かっている人」はとても少なかった。だから、少しでも伝えてみるよ。

「自分を客観的にみる」という訓練は大きな間違い!

脳機能の基本特性に 「見たもののほうに進んでしまう 」ということがあるらしい! 何となくわかってたけど、 科学的にって言われると、「やっぱり!」って感じですよね。 そして、重要なことは、 「脳は現実の場面であっても 、想像の場面であっても 、基本…

感情を抑制するとIQが下がるらしい!”悩みに思わない自分 ”を作る方法。

感情を抑える行為は 、 I Qを下げてしまうらしいんです。 悩んでいるとき 落ち込んでいるとき 怒っているのを我慢しているとき 例えば、失敗したときの部下は I Qが下がっていて、 叱責しようが 、理屈を教えようが 、理解しにくい状態になっているらし…

早めに気づこう!うつ病のサイン。きっかけがない事も!

うつ病は初期に受診して、対処した方が回復も早いので、 うつ病のサインをまとめます。 1.体のサイン 寝つきが悪い ぐっすり眠れない よく目が覚める 疲労 倦怠感 食欲低下 頭痛 肩のこり 背中の痛み 喉の渇き 便秘、下痢 体重減少 体の痛みや痺れ 誰でも…

慢性疲労症候群とうつ病の違い。

慢性疲労症候群(CFS)は、 別名ME(筋痛性脳脊髄炎)とも呼ばれ、 健康な人が突然全身の倦怠(けんたい)感に襲われて、 強い疲労感や頭痛、抑うつなどが長期間続く原因不明の病気。有効な治療法はなく、難病指定もされていません。 慢性疲労症候群が続くこ…

試行錯誤の数が大事!心を綺麗に整頓するまでのステップ③

失敗したことがあったとして、それきり「私はどうせ失敗するから2度としない」と思ってしまう人と、 「失敗したけれど、何回かやったら失敗しなくなるかも」と思う人では、 後者の方が、成功の可能性があります。 それに、後者の方がカッコイイです。 こう…

愚か者は経験から学ぶしかない!心を綺麗に整頓するまでの自己流ステップ②

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」オットー・フォン・ビスマルク(ドイツ) この言葉、結構好きだったけど、 最近思うのは、今まであったことをいちいち考えて行動できなくなるくらいなら、 経験するために生きるの方が、幸せかなと思う。 やはり、歴…

うつ特有の考え方は、うつ病の症状であって、原因ではないと思う。

どんなにひどい環境にいたとしても、うつになる人とならない人がいます。 そこから、うつになる人は、うつ病特有の考え方をしていると思われています。 確かに、考え方に偏りがあって、うつになる人もいるかもしれません。 しかし、個人的にはそれは違うと思…

心の変化は脳の変化

うつ病は科学的に根本的な原因がはっきりしていないため、対症療法です。 熱が出た時にとりあえず解熱剤を飲むと、楽になった気になりますが、 実際に熱の原因がなくなったわけではないのと同じです。 菌が原因の場合は抗菌薬、ウイルスが原因の場合は抗ウイ…

過去は潔く捨てる!心を綺麗に整頓するまでのステップ①

先日、お薬がなくなって、禁断症状のような状態になってしまったことを受けて、 やはり、薬じゃなくて、どんな問題にも対処できる整理された綺麗な心を作って行かないと、ここからは脱出できないのだと実感しました。 なので、今日からは、心を綺麗に保つ方…

旅行と旅の違い

旅は一人で、旅行はみんなで行くものだって、たまたまつけたテレビで中尾彬が言ってましたw 友人に旅行に行こうと言われて悩むけれど、旅にはプラっと出てしまう理由はコレだったのか。 私も旅行と旅を混同してました。 私は旅行は苦手です。 自ら行きたい場…

睡眠障害が起こる負の悪循環

世間はゴールデンウィークに盛り上がっておりますが、、 病気が悪化して、地獄のような日々に舞い戻ってきた私です。 悪化の原因は、お薬が飲めないこと。 本当にバカなんですが、 連休前にお薬をもらい忘れ、、 ストックはほとんどなく、クリニックは大型連…

ナチュラルハイジーン食事療法

ナチュラルハイジーンとは、 1830年代、薬や手術を主流とする西洋医学に対し疑問を抱くアメリカの医師たちによって、学問的に体系づけられた健康理論であり、科学の一分野。 Hygiene: 衛生、衛生に保つこと、摂生。健康維持のための科学。健康を保ち、…

教育は高くつくが、無知はもっと高くつく

「教育は高くつくが、無知はもっと高くつく」ベンジャミン・フランクリン とても有名な一節ですが、、今更になって実感。 知識がないと自分ことを誰かに委ねるしか無くなってしまう。 例え話は苦手ですが、 例えるなら、旅行とかでしょうか。 現地のことが分…

ジェームズスキナーの成功の9ステップ

昨日に引き続き、、 うつ病など病気を治すことにも、ジェームズスキナーの成功の9ステップが役立つそうです。 もちろん、これは成功するためのステップなので、病気をしてない人にとっても役立ちます。 ステップ1:心を決める(決断する) ステップ2:成…

うつ病はどんな人でもなる!

最近、うつをぶり返して悪くなる一方だったので、藁をも掴む気持ちで 「自分のうつを治した精神科医の方法」という本を購入しました。 そこで、さらにジェームズスキナー氏の成功の9つのステップという本の引用が出てきます。(スティーブン・R・コヴィの「…

うつぶり返し

更新がほとんどされなかった期間のこと。 それ以前から、多少の体調の悪さを感じていたものの、、 さらに 体調が悪化し、やはり自分は病気なんだと再確認させられました。 ちょっとした日常生活ができるようになってきていたので、 運動する量を増やして見た…

性格の悪い星

数年前とあるライブで、運良くゲッターズ飯田さんに占ってもらうことがあったんです。 率直でエロい内容もありで、大満足! とてもラッキーでした^ ^ 占い大好きってタイプではなかったんですが、ファンになりました!笑 こないだ、ゲッターズさんのブログで…

うつ病は時間の感覚が変になる

うつの時間感覚をについて。 「うつで仕事を休んでいる人って、1日何をしているのかな?」とか、 「1日寝ているだけなんて、耐えられない。」とか、 思う方もいるんじゃないかなと思いますが、 (私がそうでした。) うつの時は異常に時間が過ぎるのが早い…

非定型うつについて

<うつ病の典型的な症状> まじめで几帳面な人がなりやすく、朝に調子が悪くて、食欲が減退する。 <パニック障害に伴って起こるうつ病(非定型うつ病)> 憂うつなときばかりではなく、何か楽しいことがあれば、一時的に元気になる。 食が細くなるのではな…

休養をとっているのに、うつ病が回復しない、、

以前よりは、ベッドから出て活動できる時間は増えたような、、 でも、ここ1週間は、悪化している気がしています。 体がダルい。頭が痛い。 起きてられないけれど、横になっているのも辛い。 そんな状態が続き、回復期に入ったと、少し安心していた私は焦り…

テレビは小5レベルだから、テレビしか観てない大人は退化してるらしいよ。

テレビ業界の人にとっては常識らしいのですが、 テレビは小学校5年生が理解できるレベルで作られているそうです。 とはいえ、私は娯楽目的で観ているので、ストレスがたまりそうな内容をやってるとチャンネル変えてしまうことは結構あります。 ネガティブに…

うつ病になる前にブラックな会社を脱出して、将来の自分の助けになる人や仕事に出会おう!

今日は病院に行きました。 体調自体は回復傾向にあるものの、、相変わらず、倒れたりするので、 他に原因があるかもしれないということで、血液検査。 いつも血液検査は異常が出ないので無駄だと思います。とは言ったけど、結局、検査。 むしろ、私は異常は…

現在 、多重人格とは 、精神疾患的なものではなく 、記憶障害だということが判明しているんだって!

自分の病気を正確に知りたくて、少し元気があるときは病気関連の本を読んでいます。 少し前までは、活字を見るだけでぐったりしていたので、それでも進歩と思おう。うん。。 それで、脱線して驚いたのが、 現在 、多重人格とは 、精神疾患的なものではなく …

そろそろなんとかしなくちゃ。。

私は人に頼ったり、甘えたりして、問題を解決するのがとても苦手です。 自力で生きたい。 人づき合いとか、世渡りとかその手のことがとても嫌いで、不器用なんです。 そんな私が、うつ病になり、人に迷惑をかけない生活ができなくなると、とても辛いです。 …

ブルーライトは確実にうつ病を悪化させる気がする。

最近、普段通りの生活に戻ってきて、テレビも観れるし、パソコンの画面と、にらめっこもできるようになってきました。 が、しかし〜 1〜2時間、画面を見ていると疲れる。 そして、横になる。 頑張ってパソコンを見ている時間が続くと、、、 すごく悪化した…

病態を伝えるられるようになるのがスタートだったな、、

うつの場合、病態(自分はどんな症状なのか)を正確に伝えるのは至難の技です。 今までにかかったことのある病気は、熱を測ったり、血液検査をすれば、一目瞭然で何か異常があることを医師がわかってくれました。 しかし、うつ病の場合、なかなか数値で出せ…

聴力回復の理由

昨日、耳が良くなった気がするという話をしたんですが、その理由を考えてました。 在職中にも聴力検査を受けたことがあったんです。 仕事に支障があるレベルで人の言っていることが聞き取れなかったので、、 でも、聴力検査って、 イヤホンをつけて静かなと…

今日気づいたけど、聴力が回復してたよ。

うつで仕事を休職し、最近は少しずつ身体を動かしたり、家事をしたり、、 誰でもできることができない状態から、リハビリを開始しています。 今日は雨ってゆうだけで体調が悪いし、外に出るまでにかなり時間がかかりましたが、、ようやく電車に乗りました。 …

うつ病に似てる病気とその違い

私は医療現場で働いていたのですが、うつ病は認知症に似てるなと思うことがあったので、その違いをまとめてみます。 高齢者ですと、見分けがつきませんし、併発していることもあります。 <うつ病> 発症時期:正確に特定できることが多い 言動:ボケているこ…

うつ病の思考パターンをひとまず理解して、、何か解決できるか探してみる。

うつ病は、楽しいことがなくなってしまいます。そして、些細なことにストレスを感じてしまいます。 今まで一緒にいて楽しかった友人にイライラしてしまったり、 今まで大好きで何度も聞いていた音楽を聴くと元気だった頃を思い出して焦ってきたり、 ちょっと…

うつ病のリハビリの方法って?

うつ病の回復期は一気に体調が戻るのではなく、一進一退を繰り返す。 ということはわかっていても、体調が良い日の自分を思い出すと、とてももどかしいし、できるはずのことができないと焦ります。休みを取りすぎて焦っているのもあります。 うーん、自分自…

うつ病は脳で何かが起きている!

うつ病は今まで科学的に根本的な原因がはっきりしていないため、対症療法です。 さらに、発熱した時のように数値でわからない病気だったので、 10年近く前だったと思いますが嘘をついてうつ病の診断をもらい、保険料を騙し取るという詐欺まで起きていまし…

うつで体調が気分が悪い時の状態

ここ数日、理由もなく体調が悪いことがあったので、その感覚を記録しておきます。 まず苦痛なのが、腹部不快感や微熱です。 なんだかダルい。お腹が痛かったり張ったような状態になって、吐き気がすることもあります。 単純に風邪をひいて体調不良になった時…

子供のうつ病

以前までは子供にはうつ病はないと言われていました。 私自身もその世代で、 抗生物質や抗炎症薬、痛み止めなど、ずいぶん必要のない薬を出されました。 医師は患者の不定愁訴に対して、とりあえず薬を出して様子を見ようという人ばかりです。 薬の効果が出…

うつ病の様々なタイプ

うつ病と診断されるまでにも、 「間違いやすい疾患」や「怠け者扱い」など、長い道のりでしたが、 うつ病には様々なタイプがあります。 私は生理の前後で、確実に症状が悪化するので、「月経前不快気分障害(PMDD)」もあり、 また、うつ状態が2年以上続い…

うつ病の再発リスクについて

うつ病は1度治っても再発しやすい病気。 再発までの期間は1年以内に数回ということもあれば、10年後ということもあるらしい。 1年以内に数回っていうのは、本人も周りの人も振り回されてしまうので大変。 症状が消えたように見えても、再び現れる「再燃…

うつ病の回復期は散らかった部屋を片付けるのに似ている。

ブログといえど、もともとマメじゃないから、毎日記事を書くのって意外と大変 笑 でも、リハビリがてら、なるべく毎日更新を目指そう、、 今日、部屋を大掃除しました。 普段、動かさないものとかも、ひっくり返したので、大変でした。 わりと掃除機かけたり…

うつ病の定義はブレまくり!未だにメカニズムははっきりしてない。。

私の感覚だと、うつ病は性格や人格の問題というより、脳の機能障害なのですが、 うつ病の定義には、理解できるところもあれば、できないところもあって、、ホントに厄介な病気です。 <うつ病とは> 憂鬱な気分が毎日つづき、興味や喜びが感じられなくなる精…

うつ病の回復期に入るまで・・・

私は、こうやってパソコンやスマホの画面を見て、 何かをできる様になるまで、とても時間がかかりました。 <診断までの数年間> 様々な体調不良に悩まされる。 内科:頭痛、腹痛、発熱(常に37°後半の熱がある感覚があった) 心療内科・精神科:手が震える…

雨の日は鬱々、、

雨の日、うつ病はとても辛い。なぜか不思議なくらい、辛いのです。 私は雨の日よりも、風が強い日の方が具合が悪くなることがあって、、 3/2の雨の日とか、先月の春一番なんて、地獄でした。笑 なぜなのか、調べてみると、 自律神経の調節の不具合によるもの…

抗うつ気分って、落ち込むのとどう違うの?

うつ病の人が周りから理解されない理由は、 「抗うつ状態」と「通常の落ち込み」の違いがわからないことにあると思います。 それは、抗うつ気分という症状が分からないからです。 例えば、、 「だって、嫌なことは誰にでもあるし、甘えてるだけなんじゃない…

うつ病は有名になりすぎてしまったのかもしれない

うつ病と聞いて、「そんな病気知らない」という人はいない。 今どき、小学生でも知っている。 けれど、医師も含め「ちゃんと知ってる人」は意外と少ないのが現状でした。 友人にうつ病を伝えたとき、 「うつ病って今でもあるんだ。すぐ治るっしょ?」 一時期…