読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病、知ったかぶり

私のうつ闘病記:誰でも知ってる病気だけど、私自身を含め「ちゃんと分かっている人」はとても少なかった。だから、少しでも伝えてみるよ。

うつ病の定義はブレまくり!未だにメカニズムははっきりしてない。。

私の感覚だと、うつ病は性格や人格の問題というより、脳の機能障害なのですが、

うつ病の定義には、理解できるところもあれば、できないところもあって、、ホントに厄介な病気です。

 

うつ病とは>

憂鬱な気分が毎日つづき、興味や喜びが感じられなくなる精神疾患

抗うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、焦燥、食欲不振や過食、不眠などを特徴とする。

頭痛、倦怠感などの身体症状を伴い、病状が進行すると自分に価値がないと感じたり、罪悪感を持つようになり、自殺を考えることもある。

2013年から厚生労働省は、地域医療の基本方針となる医療計画に盛り込むべき疾患として指定してきた4大疾病(がん、脳卒中心筋梗塞、糖尿病)に新たに精神疾患を加えて、日本の5大疾病とした。

うつ病躁鬱病も含む)は精神疾患の中でも著しく増加している。

 

<原因・発症頻度>

うつ病の原因や発症メカニズムは、まだはっきりと判っていない。

年齢、職業などに関わらず、誰でも罹りうる疾患であり、几帳面で責任感や正義感が強く、他人から信頼される真面目な人がなりやすいともいわれている。

日本では10人に1人の割合で、これまでにうつ病を経験したことがある調査がある。

また、様々な身体疾患を持っている患者は、うつ病の発症率が高い。

例えば、糖尿病患者の約20%が、心筋梗塞患者の15〜30%がうつ病を発症するといわれている。

 

<分類>

DMS−5(アメリカの精神障害の診断・治療ガイドライン)においては、気分障害領域において改訂がなされ、双極性障害および関連障害は抑うつ障害と明確に区分され、気分障害という用語は使われなくなった。

加えて、双極性障害および関連障害は、症状学的、疫学的、遺伝学的に統合失調症スペクトラム障害および他の精神病性障害群と抑うつ障害との中間に位置づけられる見解となった。

(1)抑うつ障害群

  1. 重篤気分調整症
  2. うつ病/大うつ病性障害
  3. 持続性抑うつ障害(気分変調症)
  4. 月経前不快気分障害
  5. 物質・医薬品誘発性抑うつ障害
  6. 他の医学的疾患による抑うつ障害
  7. 他の特定される抑うつ障害
  8. 特定不能の抑うつ障害

 

(2)双極性障害および関連障害群

  1. 双極Ⅰ型障害
  2. 双極Ⅱ型障害
  3. 気分循環性障害
  4. 物質・医薬品誘発性双極性障害および関連障害
  5. 他の医学的疾患による双極性障害および関連障害
  6. 他の特定される双極性障害および関連障害
  7. 特定不能の双極性障害および関連障害

うつ病の症状>

(1)気分の症状

抑うつ気分、悲壮感、不安感、イライラ

(2)行動の症状

興味の喪失、集中力の低下、意欲の低下、焦燥

(3)身体の症状

全身倦怠感、易疲労性、不眠、食欲低下、性欲減退、頭痛、肩こり、口渇、動悸、咽喉頭異常感、胃部不快、頻尿

 

ちなみに、改定前、、

DMS−4

1.双極性障害躁鬱病

・Ⅰ型双極性障害:躁病とうつ病

・Ⅱ型双極性障害:軽い躁症状とうつ症状

・気分循環性障害:軽い躁症状と軽いうつ症状

・特定不能の双極性障害

2.うつ病性障害

・大うつ病性障害:典型的なうつ病。軽度、中等度、重度に分けられる

・気分変調性障害:軽いうつ症状が2年以上続く。(抑うつ神経症

抑うつ関連症候群:小うつ病性障害、反復性短期抑うつ障害、月経前不快気分障害

<診断基準>

  • ほとんど毎日続く抑うつ気分
  • 何をしても楽しいと感じることができず無気力で興味もわかない
  • 食欲が低下している
  • よく眠れない
  • イライラする
  • 疲れやすくだるさがとれない
  • 自分を責めてばかりいる
  • 集中力が低下し、考えることができない
  • 繰り返し死にたいと思う、自殺を口にする

など、、

分類なんて、どうでもいいと思う人もいるかもしれないけれど、当人からすると意外と厄介。精神疾患はとても印象が悪いんですよね。