読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病、知ったかぶり

私のうつ闘病記:誰でも知ってる病気だけど、私自身を含め「ちゃんと分かっている人」はとても少なかった。だから、少しでも伝えてみるよ。

聴力回復の理由

昨日、耳が良くなった気がするという話をしたんですが、その理由を考えてました。

 

在職中にも聴力検査を受けたことがあったんです。

仕事に支障があるレベルで人の言っていることが聞き取れなかったので、、

 

でも、聴力検査って、

イヤホンをつけて静かなところで、ピーって音を鳴らされて、音がしたらボタンを押す。

 っていう、検査しかしたことがなくて。

 

 

「こんな静かな場所なら、そりゃ聞こえるわ!!」

「音は聞こえるけど、何て言ってるのかわからないんだよ!」

 って思っていました。

 

 

そして、気がついたのは、、

聴力が回復したんじゃない!

 

 聴いた音を理解する力とか

 雑音と自分が聞きたい音(上司の言葉とか音楽とか)の区別をつける力

が回復したんだ!ってこと。

 

 つまり、耳の異常じゃなくて、脳の異常だったんです。

 

全ての原因は、脳の機能に行き着くなぁ。

 

脳がちゃんと働いてくれないと、ホント人は何にも認識できないんだと体感しました。

 

 

つまり、うつ病がひどかった時の私は、周りの音全てを同じレベルで聞いていて、聞き分けができなかったんです。

 

 

 

例えるなら、野生のウサギみたいな感じかな。

①野生に生きてて、どこからキツネやワシに狙われてるかわからない。全ての空間に意識を張り巡らしている。

②草むらからするちょっとした音にビックリして、敵なのかどうかさらに耳をすましてみる。

 

①が普段で、②が上司に何か言われた後の私、、という感じ。

 

この表現、伝わるかな、、

 

 

しかも、職場というのは、電話の音、コピー機の音、機械音、誰かの話す声、患者さんの声、上司の声などなど、、

 

いろんな音がありすぎて、それらに優先順位がつけられない。

 

 

同時に音がした時に、どれを優先して処理していくか正確に判断している人たちは本当にすごいです。(正常な社会人なら普通なのだろう、、)

 

 

こーゆうのって、アスペルガーとか入ってるのかな。

こないだ、本屋でアスペルガーの本売ってたから買ってみようかな。。