読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病、知ったかぶり

私のうつ闘病記:誰でも知ってる病気だけど、私自身を含め「ちゃんと分かっている人」はとても少なかった。だから、少しでも伝えてみるよ。

ブルーライトは確実にうつ病を悪化させる気がする。

最近、普段通りの生活に戻ってきて、テレビも観れるし、パソコンの画面と、にらめっこもできるようになってきました。

 

が、しかし〜

 

1〜2時間、画面を見ていると疲れる。

そして、横になる。

 

頑張ってパソコンを見ている時間が続くと、、、

すごく悪化したんですよね。。。

 

 倦怠感と、なぜか人と口をききたくない気分がMAX状態。。

 特に喧嘩してるわけでもないのに口をきいた後になんかイライラが止まらない。。

もう、自分でも自分嫌になってしまいます、、

 

ブルーライト浴びている以外に原因が思い当たらない。

でも、今どきパソコンやテレビを見ない生活は以外と難しい。

なんて面倒な病気なんだ!!

 

ブルーライトを対策をするべき理由>

  • 眼精疲労
  • ドライアイ

これは、ブルーライトに直結しているとも限りません。

姿勢とか、瞬きをする習慣なども影響しているでしょう

 

ここからが、

うつ病の人がブルーライトを浴びすぎてはいけない理由

①睡眠の質が悪くなる

ブルーライトは朝日の光に近い色調です。一番、波長が短くエネルギーが強い。

そして、強い光刺激により交感神経が優位に働いてしまうのです。

②自律神経のバランスが壊れる

朝浴びる光を夜も延々と浴びているわけですから、1日の体の起きてから寝るまでの体内調節が崩れるのは、当たり前と言えば当たり前です。

自律神経のバランスを崩れると、、

などの原因になる。

 

 

 

逆に、症状が改善していた時に何をしていたかというと、

テレビ・パソコンは1日1時間くらいで、

 アナログに紙に絵を描いてました。(笑

 

 

昔好きだったことを思い出して、スポーツはやる気がしないので、、もう一つ好きだった絵を描いてみることに。

 

 仕事とか勉強で、時間が取れていなかっただけなので、

綺麗な絵になるように時間をかけて試行錯誤するのは、なんだかとても良いリハビリになっていたようです。

 

  

たぶん、大事なのは、子供の頃から好きだったこととか、、

やっていてイライラしてこないものをリハビリに利用するのがが大事。

人がどういうか、とかじゃなく完全に自己満足の世界なのが良いみたいで、、

 

ちなみに、料理とかも好きだったんですが、なんか料理は作った後にイライラするんですよね。

私の場合、家族が食べて、うまいだのまずいだの言われるのを想像すると鬱々する。。 

 

こうゆうのは、お勧めしません。

 

自分の心が本当に嬉しくなる事を見つけて、リハビリしていくときっと、出口が見えてくるかもしれません。

 

 

1日何時間働いても、元気な体を早く取り戻したい〜