読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病、知ったかぶり

私のうつ闘病記:誰でも知ってる病気だけど、私自身を含め「ちゃんと分かっている人」はとても少なかった。だから、少しでも伝えてみるよ。

そろそろなんとかしなくちゃ。。

私は人に頼ったり、甘えたりして、問題を解決するのがとても苦手です。

自力で生きたい。

人づき合いとか、世渡りとかその手のことがとても嫌いで、不器用なんです。

 

そんな私が、うつ病になり、人に迷惑をかけない生活ができなくなると、とても辛いです。

 

 

それでも、初期の頃は本当に熱が39度くらいあるような倦怠感と頭の動かなさ(実際に熱は37度くらい)が尋常じゃなく、どうにかして、休ませてほしいと思うだけでした。

 

しかし、最近、多少のことはできるようになり、こうして少ない時間であればスマホやパソコンの画面を見続けることができ、全てではないものの簡単な家事を以前よりはできるようになってきました。

 

そうすると、湧き出す不安は、そろそろ社会復帰しなければいけないんじゃないか。

とか、家を出て自立したい。とか。

 

普通の人達が普通にしていることを、やらなければならないような気がして焦っています。

 

 

正直なところ、現状では数時間、作業をすると疲れてグッタリしているので、フルタイムで働くのはきつい。

 

けれど、何か始めないと、手当のお金もそろそろ打ち切りだし。

 

次の段階に進んだ結果かもしれませんが、

病気だろうが、何だろうが、働かない人に世間は厳しいです。

世間とは、親であり親戚でもあります。

 

しがらみとは、こうも煩わしいものかと、中学生以来に思うのでした。

 

フルでは働けないかもしれないけれど、それでは生活していけないので、何か手を打たなければ、、

 

と、思いながらも、こんな記事を書きながらバテてしまう。今日でした。