読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病、知ったかぶり

私のうつ闘病記:誰でも知ってる病気だけど、私自身を含め「ちゃんと分かっている人」はとても少なかった。だから、少しでも伝えてみるよ。

教育は高くつくが、無知はもっと高くつく

「教育は高くつくが、無知はもっと高くつく」ベンジャミン・フランクリン

 

とても有名な一節ですが、、今更になって実感。

 

知識がないと自分ことを誰かに委ねるしか無くなってしまう。

 

 例え話は苦手ですが、

例えるなら、旅行とかでしょうか。

現地のことが分からなければ、旅行会社の添乗員にいろんな物事を確保してもらう意味でツアー組んだりしますよね。

 

でも、何回も言ってるとか、

言語がペラペラなら現地で交通費だけで、しかも穴場スポットを見つけたりできるかもしれない。

 

知識や経験がないことに人はお金を払っていきています。

それは、悪いことではない。

 

でも、世の中には悪い人がいる。

お金を払うのに正当なのかどうか、

判断するだけの知識がないと、搾取される側にいるしかないんです。

 

お年寄りが詐欺に騙されちゃうのは、これの良い例かもしれません。

若い頃はバリバリ勉強もして働いて、社会が恐ろしくなくなっていく。

でも、時代が流れても、自分には今までの知識や経験があるから大丈夫だと信じてる。実際、そうだった。

 

けれど、現在進行系で勉強している人にはかなわなかった。ってゆうパターンかなと。

 

 

私も、もう勉強したくないとか、、

新しいものについていけないことが時々あります。

 

 けれど、結局のところ、時代についていかないと、

後で後悔したりツマラナイ思いをするのは自分だと分かっているので、

頑張ってみようかなと心を新しい物に無理矢理でも持っていきます。

そうすると自然とそれが生活の一部になる。

 

 

結果的にですが、私は勉強自体は好きなのかなぁなんて自己満足にも浸れますしね。笑

 

人間の脳は空白を埋めようとする働きがあります。

知識欲を満たすことは、人としての生理的な本能なのかもしれないですね。

 

 

このように、知識がないよりはマシかもしれないけれど、

中途半端な知識は自分を苦しめるだけだったりもします。

 

特に、私は真髄まで知っている!という知識は皆無で中途半端な知識ばかり。。

 

 

この空白を埋められる日が来るのかは疑問だけど、

 

うつ病は、自分の持ってる知識を絶望的に判断している状態とも言えます。

 

知っていることの黒い部分ばかりを考えて病んでしまった感じ、、

 

なので、これからは知識をどれだけ単純に美しく解釈していけるかが大切だなぁと。。

 

それが、出来ないから苦しいのだけれど、

少しでもシンプルにしていこう!と思うのでした。